市川染五郎 (8代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はちだいめ いちかわ そめごろう
八代目 市川 染五郎
屋号 高麗屋
定紋 三つ銀杏 Mitsu Ichō inverted 2.jpg
生年月日 (2005-03-27) 2005年3月27日(15歳)
本名 藤間齋
襲名歴 1. 四代目松本金太郎
2. 八代目市川染五郎
出身地 日本の旗 日本 東京
血液型 AB型
祖父 二代目松本白鸚
祖母 藤間紀子
十代目松本幸四郎
藤間園子
兄弟 松田美瑠(妹)

八代目 市川 染五郎(はちだいめ いちかわ そめごろう、2005年(平成17年)3月27日 - )は、歌舞伎役者歌舞伎名跡市川染五郎」の当代。屋号高麗屋定紋三つ銀杏、替紋は四つ花菱。本名は藤間 齋(ふじま いつき)。伯母は女優の松本紀保、叔母は女優の松たか子

来歴[編集]

七代目市川染五郎(当時の芸名)の長男として東京都に生まれる。2007年(平成19年)6月 歌舞伎座侠客春雨傘』で初お目見え。父・七代目染五郎と祖父・九代目幸四郎と共に高麗屋三代の顔見世。

2009年(平成21年)6月3日 歌舞伎座門出祝寿連獅子(かどんで いおう ことぶき れんじし)の孫獅子で初舞台を踏み、四代目松本金太郎を襲名。高麗屋三代揃い踏みの獅子の舞となった。

2013年(平成25年)5月3日 『妻は、くノ一』第5回放送で、父・市川染五郎と映像作品では初共演[1]

2016年(平成28年)12月8日 祖父と父と共に高麗屋三代の襲名披露が発表された[2]

2018年(平成30年)1月2日 高麗屋三大襲名披露興行である『壽 初春大歌舞伎』(歌舞伎座)に於いて市川染五郎を八代目として襲名した[3]

家族・親族[編集]

七代目松本幸四郎初代中村吉右衛門は高祖父。初代松本白鸚は曽祖父。二代目中村吉右衛門は大叔父(祖父の弟)。七代目尾上丑之助は再従兄弟にあたる(染五郎の祖父・二代目白鸚と丑之助の祖父・二代目吉右衛門が兄弟)。また、実業家藤間紀子は祖母である。

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]