市川昭男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
市川昭男
いちかわ あきお
生年月日 (1941-08-10) 1941年8月10日(75歳)
出生地 日本の旗 宮城県仙台市
出身校 新潟大学人文学部
前職 地方公務員山形市
所属政党 無所属

Flag of Yamagata, Yamagata.svg 公選第16-18代 山形市長
当選回数 3回
在任期間 2003年9月28日 - 2015年9月27日
テンプレートを表示

市川 昭男(いちかわ あきお、1941年(昭和16年)8月10日 - )は、日本政治家山形市長(3期)。

概要[ソースを編集]

宮城県仙台市生まれ。山形市立第四小学校山形市立第一中学校山形市立商業高等学校を卒業後、一旦就職するも新潟大学人文学部に入学。大学卒業後、山形市役所に就職した。金澤忠雄山形市長の下では東北芸術工科大学の設置を推進し、同大の開学に尽力した。その後、山形市土地開発公社理事長や山形市総務部長、水道事業管理者を歴任。吉村和夫市長の下で山形市助役に就任。

2003年、吉村和夫市長が在職のまま多臓器不全により病死。吉村の死去に伴って実施された山形市長選に、吉村が推進してきた「環境先進都市の建設」の継承を掲げて立候補した。民主公明2党の推薦に加え、山形県選出の鹿野道彦衆議院議員や山形市議の支援を受け、3人の対立候補に大差をつけて初当選を果たした。

2007年、2人の対立候補に再び大差をつけ、山形市長再選[1]。ただし、この市長選は争点も関心も盛り上がらず終始低調なままで、投票率は山形市長選において最低の31.36%を記録した。2011年、山形市長3選[2]

2015年5月23日、山形市役所で記者会見を行い同9月6日告示の市長選には、「選挙時に74歳、(次期任期満了の)4年後は78歳という自分の年齢を考えると、後進に道を譲るべきだと判断した」と述べ、不出馬を表明した[3][4]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ “山形市長に市川氏再選 合併など訴え新人破る”. 共同通信. (2007年9月16日). http://www.47news.jp/CN/200709/CN2007091601000563.html 2015年5月26日閲覧。 
  2. ^ “山形市長に市川氏3選 自民系候補ら破る”. 共同通信. (2011年9月18日). http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091801000714.html 2015年5月26日閲覧。 
  3. ^ “市川氏、山形市長選不出馬を表明 年齢考慮「後進に譲る」”. 山形新聞. (2015年5月24日). http://yamagata-np.jp/news/201505/24/kj_2015052400512.php 2015年5月26日閲覧。 
  4. ^ “山形市長、4選不出馬 今期限りで退く意向”. 河北新報. (2015年5月24日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201505/20150524_51004.html 2015年5月26日閲覧。 
公職
先代:
吉村和夫
Flag of Yamagata, Yamagata.svg 山形市長
公選第16-18代:2003年 - 2015年
次代:
佐藤孝弘