市川小團次 (5代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

5代目市川小團次(ごだいめ・いちかわ こだんじ、1850年9月23日嘉永3年8月18日) - 1922年大正11年)5月6日)は、明治期の歌舞伎役者。本名 須原清助、屋号 高島屋、俳名 升若、米升。

名優4代目市川小團次の子。父の意見により初代花柳壽助(後の初世花柳壽輔)門で舞踊家になるべく修行していたが、父の死後1867年2月歌舞伎に転向し市川子團次と名乗る。初舞台は1866年江戸市村座。1878年6月新富座「松栄千代田神徳」で父の名跡を継ぐ。清助の小團次襲名はデビュー時に既に決められていたが、これは養母お琴の意向によるものであったという。明治以降は兄初代市川左團次と行動を共にした。

「籠釣瓶」の冶六、「壺坂霊験記」の沢市、「沼津」の平作、「新版歌祭文・野崎村」の久作の世話物の役のほか、「倭仮名在原系図」の蘭平などの舞踊を生かした役もよくした。小柄な体格から「ちい高屋」の渾名(あだな)で呼ばれた。

子に2代目市川米升、孫が戦後まで活躍した3代目市川子團次である。