市川南 (映画プロデューサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市川 南(いちかわ みなみ、男性、1966年7月22日[1] - )は、日本の元映画プロデューサー・実業家。東宝株式会社取締役常務執行役員・映像本部映画営業、宣伝担当[2]、TOHOシネマズ株式会社取締役会長、TOHOマーケティング株式会社取締役会長、東宝東和株式会社取締役、東宝芸能株式会社取締役、株式会社東京現像所取締役。東京都出身。父は映画プロデューサーの市川喜一[3]。母は女優関千恵子[3]東宝「シンデレラ」オーディション審査員。

経歴[編集]

1989年学習院大学文学部卒業、同年4月に東宝入社[4]。宣伝部で『千と千尋の神隠し』などを担当した。2001年より映画調整部に異動し、配給作品の編成および自社製作作品のプロデュースを担当した[4]。代表的な作品には『世界の中心で、愛をさけぶ』『いま、会いにゆきます』など。2006年4月より映画調整部長を担当。2012年、東宝傘下の東宝映画社長に就任した[5]。2021年5月より、現職。

2004年に『世界の中心で、愛をさけぶ』の製作で第24回藤本賞[6]、2005年にエランドール賞プロデューサー賞:児井・田中賞[7]、2013年に『永遠の0』の製作で第33回藤本賞[8]を受賞している。

作品リスト[編集]

プロデューサー[編集]

エグゼクティブプロデューサー[編集]

企画[編集]

製作[編集]

製作指揮[編集]

共同製作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ゴジラ』が尖兵、東宝が描く海外戦略(2014年8月1日)、東洋経済Online、2014年8月1日閲覧。
  2. ^ 役員 - 会社情報、東宝、2021年8月29日閲覧。
  3. ^ a b 第7回:映画監督の仕事を意識したのが『時計じかけのオレンジ』でした。”. otoCoto (2016年9月16日). 2018年7月23日閲覧。
  4. ^ a b 東宝(株)映像本部映画調整部 市川南部長に聞く!(2011年1月29日)、文化通信.com、2014年2月8日閲覧。
  5. ^ 東宝(株) 市川南取締役が語る!(2013年2月04日)、文化通信.com、2014年2月8日閲覧。
  6. ^ 藤本賞 第30回〜第21回、映画演劇文化協会、2014年2月8日閲覧。
  7. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧日本映画テレビプロデューサー協会、2014年2月8日閲覧。
  8. ^ 藤本賞 第31回〜 映画演劇文化協会、2014年6月5日閲覧
  9. ^ 漫画「バクマン。」が実写映画化 - 主人公コンビは佐藤健&神木隆之介、『モテキ』の大根仁が監督”. Fashion press. 2015年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]