市川俊英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

市川 俊英(いちかわ としひで、1954年9月27日 - )は、日本の実業家東京ミッドタウンマネジメント代表取締役社長を経て、三井ホーム代表取締役社長、日本ツーバイフォー建築協会会長[1]。建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰受賞。

人物・経歴[編集]

熊本県八代市出身。八代市立第二中学校熊本県立熊本高等学校を経て、1977年一橋大学商学部を卒業し、三井不動産株式会社に入社。人事部門を経て、建築物管理部門を担当[2]

2003年4月三井不動産株式会社六本木プロジェクト推進部長、2005年4月三井不動産株式会社執行役員六本木プロジェクト推進部長、2005年8月三井不動産株式会社執行役員東京ミッドタウン事業部長。東京ミッドタウンマネジメント株式会社代表取締役社長も務め、2007年の東京ミッドタウン開業時にはグランドオープニングセレモニーで挨拶及びテープカットを行った[3]

2008年4月三井不動産株式会社常務執行役員東京ミッドタウン事業部長、2009年4月三井不動産株式会社常務執行役員アコモデーション事業本部長、2011年6月三井不動産株式会社常務取締役アコモデーション事業本部長。

2013年4月三井ホーム株式会社顧問、2013年6月三井ホーム株式会社代表取締役社長。アベノミクスなどによる好況感を追い風に、システム化などを進めた。また高齢化社会への対応としては、高齢者向け施設の木造での受注などを行った[4]。この間、2013年から一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会会長[5]及び一般社団法人住宅生産団体連合会副会長[6]。一般財団法人住宅生産振興財団理事なども務めた[7][8][9]。2017年7月、建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰を受賞し、受賞者代表としてあいさつを述べた[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]