市堀川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市堀川
Wakayamashi-shihorikawa02.jpg
水系 一級河川 紀の川和歌川支流
延長 2.8[1] km
流域面積 2.63[1] km²
流域 和歌山県和歌山市
和歌山市の河川.png
テンプレートを表示

市堀川(しほりかわ、しほりがわ)は、和歌山県和歌山市の中心部を流れる川で、和歌山城の外堀が起源である。同じく外堀を起源とする和歌川大門川真田堀川有本川をあわせた5河川を総称して「内川」と呼ばれる[1]

名称[編集]

当初、大正5年(1916年)に県の告示により、「和歌山市堀川」と名づけられた。和歌山市の堀川という意味の命名が名前の由来である。これが、昭和4年(1926年)発行の「和歌山市統計書」で、和歌山を省略した「市堀川」と記載され、その後この「市堀川」が正式名称となった。名前の読み方は「しほりかわ」「しほりがわ」が正式とされるが、市場があった「堀川」という意味で「いちほりかわ」「いちぼりがわ」という名称も使われている[2]

地理[編集]

市堀川は、和歌川との合流地点から始まり、西へと流れ堀詰橋住吉橋京橋中橋を経て、寄合橋の南で北上、和歌山市駅近くで再び西へと曲がり、伝法橋、雄橋(おのはし)、材木橋を経て紀の川と並行して西南へ流れ、築地川(つきじがわ)と合流する。

歴史[編集]

市堀川は天正14年(1586年)に築城した和歌山城外堀の一つとして浅野幸長によって造られ、堀川と呼ばれた。その堀川の伝法橋付近が伝法川と呼ばれ現在の市堀川の元となっている[3]。江戸時代の和歌山城下は市堀川を境にして、南岸の武家屋敷(三の丸)と北岸の町人町に分けられていた[4]。市堀川は船運による物資の輸送路として使用され、河岸には問屋街が形成されて城下町の発展に影響を与えた[5]。本町1丁目から寄合橋にかけての区域には駿河町・福町・ト半町・寄合町の4町があり、この4町を東西に走る通りは和歌山城下のメインストリートだった[4]

当初、東外濠の屋形川と、西外濠にあたる西の丸川を支流に持つ延長1.6km、幅24~26mの運河であった[6]。その後、真田堀川、新堀川が開削された[6]。これらの運河は、有事に備えた外濠であるが、平時の舟運を重視したものと考えられる[6]。市堀川沿い一帯は納屋河岸(なやがし)と呼ばれ、紀の川を通じて各種産物が頻繁に荷揚げされて賑わい、納屋河岸北側には富裕な商家が集まっていた[6]。明治維新の後、西の丸川、屋形川、新堀川は埋め立てられた[6]

昭和時代には都市化にともなって汚染が進んだ[5]。1992年から和歌山県と和歌山市が共同で整備を開始し、1998年9月には市堀川周辺を散策できる遊歩道と市営駐車場が完成した[5]。市堀川北岸の遊歩道は京橋=城北橋間の435m、南岸の遊歩道は鍜治橋=寄合橋間の1,145mである[7]。「プライバシーや防犯への配慮」から、遊歩道の開放時間は「9時-17時」となっている[7]。2015年9月12日・13日に行われた「市駅“グリーングリーン”プロジェクト」の一環として、市堀川ではプラグインハイブリッド船が遊覧船として試験運行された[8]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『紀の川水系 和歌山市域河川整備計画』p. 1
  2. ^ 『城下町和歌山夜ばなし』p. 459
  3. ^ 『和歌山県の地名』 p. 360
  4. ^ a b 「本町・ぶらくり丁:前編」朝日新聞, 2003年3月25日
  5. ^ a b c 「和歌山城の外堀巡る遊歩道完成」朝日新聞, 1998年9月9日
  6. ^ a b c d e 『紀の川水系 和歌山市域河川整備計画』p. 10
  7. ^ a b 「和歌山市本町通り」朝日新聞, 2004年11月29日
  8. ^ 「目抜き通りを人が集う場に 住民らが社会実験 南海和歌山市駅前で来月」朝日新聞, 2015年8月22日

参考文献[編集]

外部リンク[編集]