市原義夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いちはら よしお
市原 義夫
本名 市原 義一 (いちはら よしかず)
別名義 市原 義雄
生年月日 (1907-08-15) 1907年8月15日
没年月日 不詳年
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市上京区千本通東入
職業 俳優、元映写技師
ジャンル 劇映画現代劇時代劇剣戟映画サイレント映画
活動期間 1925年 - 1932年
主な作品
新版大岡政談 前篇
新版大岡政談 中篇

市原 義夫(いちはら よしお、1907年8月15日 - 没年不詳)は、日本の俳優、元映写技師である[1][2][3]。本名は市原 義一(いちはら よしかず)[1][2]市原 義雄と表記に揺れがある。マキノ・プロダクションの主要人物の一人である[1][2]

来歴・人物[編集]

1907年(明治40年)8月15日京都府京都市上京区千本通東入に生まれる[1][2]。2000年(平成12年)4月1日に発行された『日本映画興亡史 マキノ一家』(ワイズ出版)には、生年・出生地は不詳としている[3]

常設館の映写技師から俳優を志し、1925年(大正14年)6月、マキノ・プロダクションに入社[1][2][3]。翌々1927年(昭和2年)12月31日に公開されたマキノ省三監督映画『合点勘次』で映画デビューを果たす[1][2]。入社当初はあまり役に恵まれずにいたが、翌1928年(昭和3年)2月1日に杉狂児(1903年 - 1975年)が退社した後から、杉に次ぐ三枚目俳優として活躍するようになり、以後、同年5月5日に公開された二川文太郎監督映画『新版大岡政談 前篇』など、多数の時代劇、現代劇に出演した[1][2][3]

1929年(昭和4年)に発行された『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』(映画世界社)などによれば、京都府葛野郡花園村谷口斎宮町(現在の京都市右京区龍安寺斎宮町)、後に京都府上京区五辻通六軒町南入ル末広町に住み、趣味はビリヤードで、嗜好物はチョコレート、尊敬する俳優はジョン・ギルバート(1897年 - 1936年)とルネ・アドレー(1898年 - 1933年)であるという旨の記述がなされている[1][2][3]

1931年(昭和6年)のマキノ・プロダクション解散後は、トキワ映画社を経て、同社の監督であった金森萬象(1893年 - 1982年)が設立した協立映画プロダクションに参加[3]。しかし、翌1932年(昭和7年)5月1日に公開された金森萬象監督映画『猿飛漫遊記 前後篇』以降の出演作品が見当たらず、以後の消息は不明である[3]。トーキー作品への出演は1作もなく、出演作品はすべてサイレント映画であった。没年不詳。市原の来歴について記載されている資料はほとんど存在しない。

出演作品[編集]

マキノ・プロダクション御室撮影所[編集]

全て製作は「マキノ・プロダクション御室撮影所」、配給は「マキノ・プロダクション」、全てサイレント映画である。

トキワ映画社[編集]

製作・配給は「トキワ映画社」、部分発声映画である。

協立映画プロダクション[編集]

製作・配給は「協立映画プロダクション」、サイレント映画である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『日本映画俳優名鑑 昭和四年版』映画世界社、1928年、10頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本映画俳優名鑑 昭和五年版』映画世界社、1929年、5頁。
  3. ^ a b c d e f g 『日本映画興亡史 マキノ一家』ワイズ出版、2000年、26・425。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]