己斐城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

己斐城(こいじょう)は、広島県広島市西区己斐上四丁目にある、鎌倉時代中期から戦国時代日本の城山城)。

logo
己斐城
広島県
別名 己斐新城、平原城
天守構造 なし
築城主 己斐氏
主な城主 己斐宗端、己斐直之、己斐興員
廃城年 慶長5年(1600年)以降
遺構 なし
指定文化財 なし
位置
地図
己斐城の位置(広島県内)
己斐城
己斐城


概要[編集]

厳島神社の神領衆である己斐氏によって、茶臼山(通称、小茶臼)に築城された山城である。城の南側が大手、北側が搦手であり、山頂に本丸二の丸空堀があった。

己斐城は己斐新城、平原城とも呼ばれ、この南約1.5kmにある己斐古城(岩原城)と区別される。

歴史[編集]

1515年銀山城主・武田元繁が己斐豊後守師道入道宗端を攻撃し、数か月にわたり包囲するが落城には至らなかった。己斐宗端は1517年有田合戦で武田元繁陣営として毛利元就勢と戦い討死した。

宗端の子、己斐豊後守直之の時、1554年折敷畑の戦いの前に草津城などとともに毛利元就に攻撃され、落城した(防芸引分)。直之は、翌年の厳島の戦いで毛利方の宮尾城の城将として戦い、合戦後に隠居した。

その後、直之の弟、己斐利右衛門興員が城主となった。

関ヶ原の戦い後、毛利氏が防長に転封されるとともに廃城となった。

現在[編集]

山頂付近には城跡を示す石碑や案内板があり、本丸、二の丸、南郭などの遺構にはそれを示す石柱が設置されている。

関連項目[編集]