巨人軍物語 進め!!栄光へ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
巨人軍物語 進め!!栄光へ
監督 沢島忠
脚本 沢島忠、岡本育子
製作 嶋田親一荒川博森岡道夫
出演者 小杉浩
今藤正人
頭師佳孝
荒川博
音楽 佐藤勝
主題歌 「進め!!栄光へ」(陣野命
撮影 岡崎宏三
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1977年3月19日
上映時間 54分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

巨人軍物語 進め!!栄光へ』(きょじんぐんものがたり すすめえいこうへ)は、1977年3月19日公開の『東宝チャンピオンまつり』内で上映された日本映画。カラー。スタンダード。東宝映画作品。54分。

概要[編集]

公開前年(1976年)から現在までの読売ジャイアンツ(巨人軍)を舞台に、架空の3人の若手選手を主人公にして、新人選手の厳しさなどを絡ませながら、巨人軍栄光の歴史を振り返る野球映画。かつて巨人軍の打撃コーチで、前年前期までヤクルトスワローズ(現:東京ヤクルトスワローズ)監督だった荒川博が製作の傍ら、出演もしている。また共演者の中には、かつて東映フライヤーズ(現:北海道日本ハムファイターズ)の選手だった寺島達夫も居る。

なお本作の監督である沢島忠は、本作をもって監督業から退いた。

2005年4月には日本映画専門チャンネルで放送された。

ストーリー[編集]

希望を胸に抱いて巨人軍に入団した、清河・高杉・林の3選手。だがプロの世界はそう甘くなく、清河は投手失格の烙印を押されてしまう。不満な清河に対し、大山コーチは王貞治選手もかつては投手だったことを教える。それを聞いた清河は新たな闘志を燃やす。

だがその後、高杉が交通事故で右腕を負傷、見舞いに来た父を見た高杉は、優しい中にもスパルタ教育を教える長嶋茂雄監督を思わせる。だが高杉の絶望は深い。そんな高杉に大山コーチは、張本勲選手が4歳の時大火傷を負いながらも、やがて「安打製造機」と呼ばれる打者に成長したことを教える。それを知った高杉は明るさを取り戻した。

やがて巨人軍は優勝するが、2軍選手の中には退団する者もいれば、他球団にトレードされる選手もいた。それらを見た3選手は新たな闘志を燃やし、今日も多摩川グランドで練習に励むのであった……。

スタッフ[編集]

出演者[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

  • 主題歌「進め!!栄光へ」
  • 挿入歌「ルーキーソング」
    • 双方とも、作詞:岡本育子/作編曲:佐藤勝/歌:陣野命
    • この歌は、バップから発売されたCD「野球小僧 懐かしの野球ソングコレクション」に収録されている。

同時上映[編集]

その他[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]