巨人の星対鉄腕アトム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
前田武彦の天下のライバル > 巨人の星対鉄腕アトム
巨人の星 > 巨人の星 (アニメ) > 巨人の星対鉄腕アトム
鉄腕アトム > 鉄腕アトム (アニメ第1作) > 巨人の星対鉄腕アトム
巨人の星対鉄腕アトム
放送時間 土曜19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1969年9月6日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
東京ムービー
Aプロダクション
虫プロダクション
演出 富野喜幸
出演者 前田武彦
うつみみどり
古谷徹
巨人の星』および『鉄腕アトム』のファンの子供たち
テンプレートを表示

巨人の星対鉄腕アトム』(きょじんのほしたいてつわんアトム)は、1969年9月6日日本テレビ系列のバラエティ番組前田武彦の天下のライバル』(土曜19:30 - 20:00)で行われた企画である。

概要[編集]

様々な芸能人のライバル同士がゲーム合戦を行う『前田武彦の天下のライバル』の、異色のアニメ合成回。当時『天下のライバル』直前の土曜19:00(読売テレビ制作枠)で放送され、人気上昇中の『巨人の星』と、かつてフジテレビ系列で放送された『鉄腕アトム』の、キャラ同士やファンの子供同士が戦うといった趣向。スタジオには双方の作品のファンの子供達が集合、そしてアニメパートでは、『巨人の星』と『鉄腕アトム』双方のキャラが共演した。日本におけるアニメのクロスオーバー作品では最古の部類に入り、原作者・出版社・アニメ製作会社が全て異なるという極めて珍しい作品でもある。

対戦は3回戦からなり、アニメパートでは「投手:星飛雄馬×打者:アトムの野球対決」と、「飛雄馬とアトムのマラソン対決」が行われ、スタジオパートでは子供達による風船割りや目隠しチャンバラ合戦が行われた。アニメスタッフは世界の違う二人の対決法の考案に苦労し、20分の動画部の制作費は(当時)600万円もかかったという[1]

アニメパート部分のフィルムは現存し、近年では2007年12月8日開催のイベント「手塚治虫ファン大会2007」で上映された[2]。その後、2007年11月2日に発売されたDVD-BOX「巨人の星 特別篇 『父一徹』BOX」の特典映像としてDVD化されている。

司会[編集]

登場キャラクター[編集]

『巨人の星』より[編集]

伴は巨人の捕手、一徹は一般人としての登場、アームストロング・オズマはこの時期アニメではまだ登場していなかった。その一方で、この時期レギュラーキャラだった速水譲次は、当番組には登場していない。

『鉄腕アトム』より[編集]

『アトム』側の声優は全て不明だが、すべてオリジナル版とは異なっている。

スタッフ[編集]

その他[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ アニメージュ編集部編集「TVアニメ25年史」28頁 1988年
  2. ^ 虫ん坊2008年1月号 http://www.tezuka.co.jp/fantaikai/200801/topix01_2.html
  3. ^ 出典:テレビドラマデータベース

関連項目[編集]