左近士諒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

左近士 諒(さこんじ りょう、1947年9月22日 - )は、日本の漫画家横山まさみちに師事し、1972年「ピンキーターゲット」にてデビュー。現在はリイド社の『戦国武将列伝』で執筆しているかたわら、大阪芸術大学にてマンガの描き方や基礎知識の教鞭を執る。

極道漫画を多く書いており、1997年に公開された奥田瑛二主演の東映映画「恋極道」、2002年の竹内力主演のVシネマ、「示談屋 竜次」の原作者である[1]

主な作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 清水正 (2011年4月6日). “荒岡保志の偏愛的漫画家論(番外編)左近士諒試論II”. 2012年12月2日閲覧。
  2. ^ a b c 左近士諒”. 日本漫画家協会. 2012年12月2日閲覧。
  3. ^ 示談屋 竜次(2002)”. allcinema.net. 2012年12月2日閲覧。