左方郁子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

左方 郁子(さかた ふみこ、1936年 - )は日本の歴史作家

福岡県北九州市生まれ。奈良女子大学文学部史学科卒業後、立命館大学大学院文学研究科修了。立命館大学元教授で歴史家の奈良本辰也に師事した。

主な著作[編集]

  • 財政再建の哲学-二宮尊徳 これが“尊徳流"危機突破法だ! PHP研究所 1983.6
  • 「こうして豪商になった - 商才とは何か」(1986年、力富書房)
  • 春日局おもしろ事典 紀行社・新人物往来社、1988.11
  • 「江戸の経営コンサルタント」(1988年、博文館新社)
  • 「人質の歴史 - 陰の日本史」(1989年、廣済堂出版
  • 法然 - 京都・宗祖の旅」(1990年、淡交社
  • 「エキゾチック京都」(符川寛写真/1990年、淡交社)
  • 「世を拓く 一身にして二世を経る」(1990年、ダイヤモンド社
  • 日野富子の生涯 乱世を翔ぶ」(1994年、徳間書店
  • 「誰も知らなかった徳川慶喜」(1997年、勁文社
  • 「京都謎とき散歩 古都1200年のロマンを訪ねて」(1997年、廣済堂出版)
  • 「京都のお寺・神社謎とき散歩 歩いて訪ねる古都のご利益さん」(1998年、廣済堂出版)
  • 「史伝 前田利家」(2002年、学研M文庫)

共編著[編集]