工藤重矩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

工藤重矩(くどう しげのり、1946年9月17日[1]- )は、国文学者、福岡教育大学名誉教授、福岡女子大学客員教授。

大分県生まれ。九州大学法文学部国文科卒、1974年同大学院文学研究科国文学博士課程単位取得退学、九州大学助手。1975年福岡教育大学講師、助教授、88年教授、1992-97年福岡教育大学附属小倉小学校校長併任。1994年「平安朝律令社会の文学」で九大文学博士。2004-06年福岡教育大学副学長・附属図書館長、2006-08年教育学部長。2010年定年退官、名誉教授、福岡女子大学客員教授。[2] 

著書[編集]

  • 『平安朝律令社会の文学』ぺりかん社 1993
  • 『平安朝の結婚制度と文学』風間書房 1994
  • 『平安朝和歌漢詩文新考 継承と批判』風間書房 2000
  • 源氏物語の婚姻と和歌解釈』風間書房 2009
  • 『源氏物語の結婚 平安朝の婚姻制度と恋愛譚』中公新書 2012
  • 『平安朝文学と儒教の文学観 源氏物語を読む意義を求めて』笠間書院 2014

校注[編集]

論文[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 『平安朝文学と儒教の文学観』著者紹介