工藤和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

工藤 和男(くどう かずお、1933年 - )は、日本画家洋画家大分県大分市出身[1][2]。漁師など海、働く人物をテーマに描く作品が多い。

経歴[編集]

主な作品[編集]

  • 「働く人」1970年 - 創元展
  • 「初冬の海」1976年[2]
  • 「東北の漁港」1979年 - 第11回日展特選[2]
  • 「海と漁師」1983年 - 第15回日展
  • 「漁港の家族」1989年 - 第21回日展
  • 「漁師」1990年 - 第22回日展

主な作品収蔵[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロフィール-洋画家 工藤和男の経歴と現在”. 公式webサイト. 2018年3月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 収蔵品検索システム”. 大分県立美術館. 2018年4月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 工藤和男美術館”. 九州芸術の杜. 2018年4月7日閲覧。
  4. ^ 石川賢. “工藤和男先生の人柄と作品について”. 公式webサイト. 2018年4月7日閲覧。
  5. ^ 平成21年秋の企画展「海を描く」田原の美術:大羽梧郎・工藤和男・仲谷孝夫”. 渥美郷土資料館. 2018年4月7日閲覧。
  6. ^ 多摩美術大学美術館開館”. 東文研アーカイブデータベース. 2018年4月7日閲覧。
  7. ^ 工藤和男自選展”. 社団法人創元会. 2018年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]