州立恐竜公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世界遺産 州立恐竜公園
カナダ
DinosaurProvincialParkHoodoo.jpg
英名 Dinosaur Provincial Park
仏名 Parc provincial Dinosaur
面積 7,493 ha
登録区分 自然遺産
IUCN分類 III(天然記念物)
登録基準 (7), (8)
登録年 1979年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

州立恐竜公園(しゅうりつきょうりゅうこうえん、ダイナソール州立公園)は、カナダアルバータ州カルガリーから車で2時間ほど行った所(あるいはブルックス市の北東48km)にある州立公園で、ユネスコ世界遺産に登録されている。

公園は際立って「バッドランド」と呼ばれる荒涼とした地形のレッドディア川Red Deer River)渓谷に位置するが、何よりも世界最大級の恐竜化石層があることで知られている。39もの恐竜の種がここで発見され、500以上の標本が世界中の博物館に移送・展示されている。世界遺産登録は、こうした恐竜化石に負うところが大きい。

歴史[編集]

1955年6月27日に、アルバータ州50周年記念事業の一環として、化石の出土する地層を保護するために、州立公園が設定された。最初の管理人に任命されたのは、農家でアマチュア化石収集家でもあったロイ・ファウラー(Roy Fowler)であった。

1985年までは、公園で発掘された化石は、科学的な分析や展示のために、ロイヤルオンタリオ博物館トロント)、カナダ自然博物館Canadian Museum of Nature, オタワ)、アメリカ自然史博物館ニューヨーク)などに送られなければならなかった。この状況は、100 km 上流にあるドラムヘラー近郊のミッドランド州立公園Midland Provincial Park)内に、ロイヤル・ティレル古生物学博物館が開館したことで変化した。

自然[編集]

バッドランド風景

公園には非常に複雑な生態系が存在しており、3つに大別できる。大草原(prairie grasslands)、バッドランド(badlands)、川辺のハコヤナギ地帯(riverside cottonwoods)である。それらの生態系は草原に囲まれているが、それ自体が独特なものである。

夕暮れ時にはコヨーテの鳴き声がどこでも聞こえるが、ヨタカについても同様である。ワタオウサギミュールジカプロングホーンなどは公園の至る所で目にすることが出来る。ガラガラヘビセイブガラガラヘビ, ブルスネーク, ワキアカガーターヘビなどについても同様である。春から夏にかけて確認できる鳥類は165種に及び、その中にダイシャクシギ類 カナダガンなども含まれている。6月後半にはサボテンの北限の種であるオプンティアペディオカクトゥスなどが満開になる所にもお目にかかれる。

地形[編集]

州立恐竜公園に広がる堆積物の年代は280万年の間の3つの地層にわたっている。その地層とは、層の基盤となる陸成のオールドマン累層Oldman Formation)、その上に重なるダイナソーパーク累層Dinosaur Park Formation)、最上層の海成のベアポー層(Bearpaw Formation)である。

関節が繋がった状態で出土する化石が多く含まれるのはダイナソーパーク累層で、カンパニアン(Campanian)後期、すなわちおよそ7500万年前の白亜紀のものであり、その期間は約100万年間である。

林立する土の塔は、奇妙な景観を作っている。壁面からは恐竜の化石が覗いている。柔らかい石灰岩の土壌は毎年 4 ミリメートルの速さで雨によって浸食され、大量の恐竜化石が露出する。ボーンベッドとよばれる骨化石密集層では、1箇所で12体の恐竜化石がみつかったことがあった。

古生物学[編集]

州立恐竜公園は、淡水に棲息していた脊椎動物の際立って多様なグループを保存している。魚類では、サメエイヘラチョウザメアミアガー、硬骨の魚などが含まれている。両生類には、カエルサンショウウオ、絶滅したalbanerpetontidsなどが含まれ、爬虫類には、トカゲ、多様なカメワニ、魚を食べていたチャンプソサウルスなどが含まれる。哺乳類では、トガリネズミ有袋動物、リスのような齧歯目などが代表的である。とはいえ、それらは骨格よりもむしろ歯の化石のみが見つかるのが普通である。

公園内で巨大植物の化石が見つかることは稀である。しかし、採集された花粉胞子から、メタセコイアに沿ってイチジクモクレンラクウショウなどが茂った森林が存在していたと推測されている。

1987年、高校生の少女が「バッドランド」で化石を探しているうちに小さな破片を見つけた。なんとそれは恐竜の卵の化石だった。すぐさま大規模な発掘調査が行われ、卵から孵る寸前の雛の化石が発見され、恐竜の巣も見つかったことから、単独行動をしていたと思われた恐竜が、集団生活をしていたことが分かった。

そして恐竜を絶滅させたものの痕跡も「バッドランド」の中で見つかっている。厚さ 10 cmの黒い地層、K・T境界層からは隕石が放出したイリジウムが発見された。この地層より上では恐竜の化石が見つからない。6500万年前、直径 10 Kmの隕石が現在のメキシコ・ユカタン半島に衝突した。その衝撃で作られた巨大な土の雲が地球を数ヶ月に渡り覆い、地上の生物は絶滅した。

州立恐竜公園は恐竜の繁栄と絶滅の姿を今に伝える場所なのである。

州立恐竜公園で発見されたカスモサウルス・ベリの化石(ロイヤル・ティレル古生物学博物館展示)

公園で発見された恐竜化石は実に多彩である。列挙すると以下の通りである。

ヘスペロルニス類の鳥類や、 ケツァルコアトルスと関連する巨大翼竜なども発見されている。

世界遺産[編集]

州立恐竜公園は1979年10月26日にユネスコの世界遺産リストに登録された。この地で発見された化石の国際的重要性はもとより、「バッドランド」と呼ばれる奇観や川辺の生態系などの自然の重要性も評価されてのものだった。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (8) 地球の歴史上の主要な段階を示す顕著な見本であるもの。これには生物の記録、地形の発達における重要な地学的進行過程、重要な地形的特性、自然地理的特性などが含まれる。

外部リンク[編集]