川辺村 (長野県北佐久郡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
かわべむら
川辺村
廃止日 1954年2月1日
廃止理由 新設合併
小諸町、北大井村大里村川辺村小諸町
現在の自治体 小諸市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
北佐久郡
総人口 3,906
国勢調査1950年
隣接自治体 北佐久郡小諸町、三岡村南御牧村北御牧村
小県郡滋野村
川辺村役場
所在地 長野県北佐久郡川辺村
 表示 ウィキプロジェクト

川辺村(かわべむら)は長野県北佐久郡にあった。現在の小諸市千曲川以南にあたる。

地理[編集]

千曲川と急崖の合間の緩斜面に小部落が立地する。地滑り地形が数ヶ所みられ、鴇久保部落から大久保部落にかけての地滑り地帯には風穴(氷風穴)が存在する。江戸時代には夏季まで貯蔵された氷が小諸藩主に献上され、明治時代に製糸業が盛んになって以降は、蚕の孵化時期の調節のため、蚕卵紙の貯蔵に利用された[1]。 一方、村域の広くを占めるのは標高700m~800mの御牧ヶ原台地である。古くは望月の牧といわれる勅旨牧がおかれたとされる。永らく干魃が3年に1度発生するといわれるほど水利に恵まれず、無数の溜め池が築かれている。川辺村農協の指導で昭和25年から馬鈴薯栽培が始まり、のちに優良産地となる。水不足が最終的に解消をみたのは、女神湖からの水路が開削された、小諸市発足後の昭和49年のことだった。住民らの喜びは、御牧ヶ原公民館前に建立された石碑に刻まれた「あゝありがたきかな此の水」(川西土地改良区連合 理事長小山邦太郎謹書)から伺える[2]

歴史[編集]

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 20 長野県
  • 若き日の思い出 : 私の青春符 : 随想と随筆 白石昌人 国会図書館書誌ID 000010711856

脚注[編集]

  1. ^ 信州小諸通信 氷・風穴
  2. ^ 信州小諸通信 御牧原の用水

関連項目[編集]