川越厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かわごえ こう
川越 厚
生誕 (1947-05-11) 1947年5月11日(71歳)
日本の旗 日本 山口県
国籍 日本の旗 日本
職業 医師医学博士東京大学

川越 厚(かわごえ こう、1947年昭和22年)5月11日 - )は、日本の医師医学博士東京大学)。医療法人社団パリアン理事長、クリニック川越 院長。

1947年山口県山口市生まれ。 1966年私立広島学院高校卒業。 1973年東京大学医学部卒業。

来歴[編集]

茨城県立中央病院産婦人科医長、東京大学講師、白十字診療所在宅ホスピス部長を経て、 1994年より6年間、賛育会病院院長を務め、退職。 2000年6月、自らのクリニックを開業すると同時に、在宅ケア支援グループ・パリアンを設立。 趣味はクラシック音楽鑑賞、旅行、将棋、釣、スポーツ(野球・テニス・卓球)。

役職[編集]

在宅ホスピス協会・顧問、 聖マリアンナ医科大学・客員教授、 帝京大学国際教育研究所・客員教授、帝京大学医学部、非常勤講師、厚生労働省がん対策推進協議会委員。

主な論文[編集]

  • 癌患者の在宅ターミナルケアにおける家庭の役割 死の臨床13巻2号 (1990.9)
  • 在宅ターミナルケアを行った卵巣癌の一例 日本産科婦人科学会東京地方部会会誌40巻2号 (1991.6)
  • 癌患者の在宅ターミナルケア~家庭医の果たす役割~ 死の臨床14巻1号 (1991.09)
  • 在宅ホスピスにおける疼痛管理 ペインクリニック13巻4号 (1992.08)
  • 在宅ホスピスケアにおける症状コントロール 日本癌治療学会誌27巻12号(1992.12)
  • 在宅ホスピスケアにおける症状コントロール 日本癌治療学会誌27巻12号(1992.12)
  • 在宅死した癌患者の剖検所見~その臨床的意義~ 日本癌治療学会誌28巻3号 (1993.03)

Death Education in Home Hospice Care in Japan.  J. Palliat. Care, 16(3), (2000)

  • 【在宅ホスピスケアの問題点】

在宅ホスピス(Home Hospice)とは 在宅医療35号(2001.10)

  • 【在宅緩和ケアの実践】

 在宅緩和ケア(ホスピスケア)の基準と現状 臨床看護27巻11号(2001.10)

  • 【在宅緩和ケアの実践】

 在宅緩和ケアの様々な取り組み かかりつけ医を中心とした在宅緩和ケア 在宅ホスピスケア専門チーム(グループ・パリアン)による在宅ホスピスケアの実践 臨床看護 27巻11号(2001.10)

  • 【在宅ホスピスケア 整いつつある支援体制】

 在宅ホスピスケアの普及を願って 治療学36巻3号(2002.03)

  • 治療の歴史 わが国における在宅ホスピスケア 治療学36巻3号(2002.03)
  • 在宅ホスピス相談外来の実態と役割-相談外来受信者の転帰から- ターミナルケア13巻6号(2003.12)
  • 在宅ホスピス・緩和ケア─わが国の最近の動向─ 臨床精神医学第33巻5号(2004.5)
  • 在宅末期がん患者の疼痛緩和-フェンタニルパッチの有用性- 日本プライマリ・ケア学会誌第27巻第3号(2004.9)

放送出演[編集]

  • 日曜患者学校・川越厚のがんからの出発」(第2・3日曜日 2014年以後はアーカイブ放送が多い)

受賞等[編集]

  • ヘルシー・ソサエティ賞(2009年度)

外部リンク[編集]