川越八幡宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川越八幡宮
川越八幡神社 拝殿
所在地 埼玉県川越市南通町19-1
位置 北緯35度54分40.52秒
東経139度29分3.98秒
主祭神 誉田別命
社格 ?
創建 長元3年(1030年)
例祭 10月14日15日:川越祭
主な神事 5月4日春期年祭
6月30日夏越大祓祭
6月15日子供相撲 など
テンプレートを表示

川越八幡宮(かわごえはちまんぐう)は、埼玉県川越市南通町の市街地に鎮座する八幡宮である。

境内に今上天皇御生誕を記念して昭和8年(1933年)に境内に植樹された夫婦銀杏の神木があり、良縁、夫婦円満に御利益があると言われている。

また境内社に民部稲荷神社(相撲稲荷)を持ち、足腰を強くするという御利益で、箱根駅伝出場選手などに人気である。 最寄駅は西武新宿線本川越駅、JR埼京線川越駅

祭神[編集]

歴史[編集]

  • 1030年長元3年)、甲斐守源頼信により創建される。源頼信が平忠常の乱平定の祈願をここで行い、戦勝に感謝し創祀したものである。
  • 1457年長禄元年)川越城が築城した際に、太田道灌は当神社の分霊を城内の守護神として奉じる。
  • 明治維新の際、別当である万蔵寺を廃止。
  • 1933年(昭和8年)、氏子により後の神木である夫婦銀杏の苗が植えられる。
  • 1975年(昭和50年)、老朽化により、本殿、拝殿を改修。
  • 2008年(平成20年)6月、子供相撲復活。

伝説[編集]

侍に化けて、八王子に住みついていた老の伝説。この老狐は民部と名乗り、話し相手欲しさに寺の小僧と仲良くなっていた。しかしそのことが和尚に知れ、不審に思った和尚が寺に招いて宴を催した。民部狐は家来を連れて宴に臨んだが、和尚と意気投合し、家来と小僧とで相撲を取らせて楽しんだ。翌朝、寺の境内に狐の毛が散らばっていたことから、正体を悟られてしまう。和尚が昨夜の礼に伺うと、民部狐は正体を悟られたことを知り、川越の山中に身を隠すことを告げ、打ち身手当ての術を教えて去って行ったという話。この伝説は「まんが日本昔ばなし」でも紹介され、全国的に有名となった。

外部リンク[編集]