川西国鉄前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川西国鉄前駅*
廃止当日の川西国鉄前駅
廃止当日の川西国鉄前駅
かわにしこくてつまえ
KAWANISHI-KOKUTETSUMAE
(0.7km**) 川西能勢口
所在地 兵庫県川西市栄根
所属事業者 能勢電鉄
所属路線 妙見線
キロ程 0.0km(川西国鉄前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1917年(大正6年)9月2日[1]
廃止年月日 1981年(昭和56年)12月20日[1]
乗換 川西池田駅国鉄福知山線
*1965年(昭和40年)に池田駅前駅より改称[1]
**書誌により0.6kmという記述も見られる
テンプレートを表示

川西国鉄前駅(かわにしこくてつまええき)は、かつて兵庫県川西市栄根にあった、能勢電鉄妙見線である。妙見線の当駅 - 川西能勢口間廃線に伴い、1981年昭和56年)に廃止された[1]

歴史[編集]

院線池田駅(後の川西池田駅)と貨物の連絡を図るために設置された駅であるが、当駅が存在していた時期の大半において川西池田駅の駅舎は現在より西にあり、徒歩連絡が容易になったのは川西池田駅が移転された1980年(昭和55年)から1年余りの間に過ぎない。

当初「池田駅前」として開業したが、1951年(昭和26年)に国鉄池田駅が「川西池田駅」へ改称されたため、後の1965年(昭和40年)に当駅名を「川西国鉄前」に改称している。

1981年(昭和56年)4月1日に福知山線の塚口駅宝塚駅間が電化されたが、皮肉にもその電化から1年も持たずに廃止となった。

廃止後、駅跡は駅前再開発により整地され、往時を偲べるものは残されていない。

年表[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線のみを持つ地上駅。当初は木造のホーム上屋があった[3]が、廃止直前には駅名標とホームがあるだけであった。

貨物の取り扱いがあった頃には貨物線が国鉄池田駅(後の川西池田駅)構内まで延びていたが、貨物の取扱いのなくなった戦後は放置されていた[4]。この貨物線は国道176号を跨いでおり、阪急電鉄から貸与または譲渡された車両を搬出入する際に国道176号上の踏切が活用されたこともある[5]

隣の駅[編集]

能勢電鉄
妙見線
川西国鉄前駅 - 川西能勢口駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』14号 神戸電鉄・能勢電鉄・北条鉄道・北近畿タンゴ鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年6月19日、16-17頁。
  2. ^ ぷらっと沿線紀行 - カーブにまっすぐ勝負 能勢電鉄(asahi.com)
  3. ^ 複数の写真で確認できる(ぷらっと沿線紀行 - カーブにまっすぐ勝負 能勢電鉄(asahi.com)、『のせでん 昔ギャラリー』2頁など)
  4. ^ 能勢電鉄株式会社編 『能勢電鉄 80年史』、1991年、210頁。
  5. ^ 能勢電鉄株式会社・鉄道事業部編 『のせでん 昔ギャラリー』、2009年、32頁および47頁の画像を参照

参考文献[編集]

  • 寺田裕一『私鉄の廃線跡を歩くIII 北陸・上越・近畿編』、JTBパブリッシング、2008年、102頁。ISBN 978-4-533-07145-4

関連項目[編集]