川端俊一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

川端 俊一郎(かわばた しゅんいちろう、1939年 - )は経済学者北海学園大学名誉教授学校法人北海学園理事北海道札幌市生まれ。

略歴[編集]

研究領域[編集]

専門は、経済政策マーケティング建築史及び意匠仏寺関連の歴史など多岐にわたる。特に、南朝尺と法隆寺に関する研究を手がける。

主な著書・論文[編集]

  • 『産直という流通システム』(大学紀要、2001年)
  • 『南朝尺のモジュール材と分による法隆寺の造営』(学術雑誌、2002年)
  • 『法隆寺のものさしは南朝尺』(学術雑誌、2004年)
  • 『法隆寺のものさし−隠された王朝交代の謎』(単著, ミネルヴァ書房, 2004年)

など