川真田徳三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川真田 徳三郎(かわまた とくさぶろう、1860年3月5日安政7年2月13日) - 1918年大正7年)11月22日)は、日本の政治家実業家衆議院議員

阿波国麻植郡(ごおり)鴨島字上下島(現在の徳島県吉野川市鴨島町上下島)出身。初名は国三郎。

経歴[編集]

麻植郡会議員、徳島県会議員、所得税調査委員、徴兵参事員などを務める。阿波商業会議所会頭などを経て、1890年第1回衆議院議員総選挙に出馬し当選。以降、第2回第7回から第13回総選挙立憲政友会より9回当選を果たす。

また阿波国共同汽船専務、阿波藍社長、徳島鉄道社長、阿波藍同業組合組長などを歴任。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 衆議院・参院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。