川瀬竹春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かわせ ちくしゅん
川瀬 竹春
生誕 1923年????
別名 順一
職業 陶芸家

川瀬 竹春(かわせ ちくしゅん、1923年 - 2007年9月19日)は、陶芸家。川瀬竹翁(初代、川瀬竹春としても知られている)の長男。

1949年、京都より父初代川瀬竹春と共に神奈川県大磯三井城山窯に移住。祥瑞染付、赤絵などを継承し、金襴手、豆彩、釉裏紅、染付、黄南京、青白磁、瑠璃金彩を独自の作品を発表した。享年85(満84歳没)。

略歴[編集]

  • 1923年(大正12年)川瀬竹翁(初代川瀬竹春)の長男として京都市に生誕。
  • 1939年(昭和14年)京都市美術学校絵画科を経て父川瀬竹翁(初代川瀬竹春)のもとで修行。
  • 1949年(昭和24年)京都より父川瀬竹翁(初代竹春)と共に神奈川県大磯三井城山窯に移る。
  • 1960年(昭和35年)神奈川県中郡大磯町国府本郷に「古余呂技窯」を築窯し独立。
  • 1979年(昭和54年)二代川瀬竹春を襲名。(初代川瀬竹春は川瀬竹翁と号す)
  • 2007年(平成19年)9月19日没。享年85(満84歳没)。

系譜[編集]

  • 初代川瀬竹春 (1979年に川瀬竹翁と号す。1894年 - 1983年)
  • 二代川瀬竹春 (初代川瀬竹春の長男。竹春を名乗るまでは川瀬順一。1923年 - 2007年)