川瀬勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川瀬 勇(かわせ いさむ、1908年 - 1999年8月24日QSO)は、日本の農学者農学博士)。Dip.C.A.C(N.Z.)、キリスト教新教徒日本人初のニュージーランドの大学留学生及び卒業者であり、日本人初のニュージーランドQ.S.O勲章受勲者でもある。

来歴[編集]

兵庫県西宮市生まれ。大阪府立北野中学校卒業、慶應義塾大学中退。

1931年ニュージーランド大学農学部カンタベリー農科大学(現・リンカーン大学)入学、1934年同校卒業。当初はの研究を行っていたがその後、研究対象は乳製品牧草へと移る。牧草の研究で世界各地を訪れた経験から民族学への造詣も深い。1957年に北海道大学農学博士の学位を取得。論文の題は「マメ科牧草による野草地の改良 」[1][出典無効]

日本草地農業の先達として、日本草地農学会の樹立に参画する。日本ニュージーランド協会創立者の一人で、同名誉副会長、同関西協会会長を務める。

岐阜大学名古屋大学岡山大学大阪府立大学にて講義(非常勤講師)する。

農林省草地審議委員(2回)、兵庫県農業審議委員(2回)、兵庫県および大阪府畜産コンサルタントを歴任。川瀬牧草農業研究所を主宰。兵庫県功労賞、日本草地学会賞、外務大臣表彰などを受賞。

1999年8月にクライストチャーチで死去。

著書[編集]

  • 『ニュージーランドの素顔: その魅力と喜悦・平安を求めて』、山手書房新社
  • 『箸とフォーク: 東西文化比較論』、山手書房新社および広済堂出版
  • 『日本民族秘史: マオリとユダヤ人の血は日本人に流れている』、山手書房新社・科学情報社
  • 『ニュー・ジーランド: 南の理想郷』、川瀬コーポレーション
  • 『ニュージーランドに魅せられて』、日本ニュージーランド協会(関西)ky

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース