川本徳三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川本 徳三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県
生年月日 (1934-10-24) 1934年10月24日(84歳)
身長
体重
173 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1952年
初出場 1952年
最終出場 1958年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 広島カープ (1966 - 1967)

川本 徳三(かわもと とくぞう、1934年10月24日 - )は、広島県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

基町高校では、2年生エースとして1951年の広島県大会ではチーム初のベスト4まで進出した。この年に広島カープ後援会が川本に目を付け、左投手不足だったチーム事情もあって、広島に入団させるため勧誘した[1]。高校2年生と言うこともあって何度も入団を拒否していたが、翌年に広島の紅白戦に呼ばれて前年の県大会で投げ合い、すでに広島へ入団していた大田垣喜夫の投げている姿を見て、石本秀一監督から「入ってやってみんか」と言われ、開幕6日前の3月15日、ついに入団を決意した[1]

2年目に初勝利し、7勝を挙げた。読売ジャイアンツ戦には強い投手だった[1]1958年引退

引退後の1959年、広島の初代スコアラーに就任[1]。親会社・東洋工業の電算室と協力して1年間の選手データを分析、白石勝巳監督に進言して、1964年5月5日の巨人戦(後楽園)で初めて王シフトを実現した[1]1966年から1967年は一軍投手コーチを務め、安仁屋宗八を育てた[1]。退団後は広島市中央卸売市場に隣接するスーパーの配送センターに勤務。

投球する時に舌を出す癖と童顔から、人気キャラメルの名前に因んで「ミルキー」の愛称で親しまれた[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1952 広島 11 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 86 16.0 29 4 11 -- 1 3 0 0 17 13 7.31 2.50
1953 31 20 6 0 1 7 11 -- -- .389 689 157.2 161 7 76 -- 2 41 1 0 79 68 3.87 1.50
1954 23 14 6 1 0 4 7 -- -- .364 472 101.1 130 14 44 -- 2 37 3 0 84 72 6.35 1.72
1955 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 56 13.0 11 2 7 0 1 2 0 0 9 8 5.54 1.38
1956 18 6 2 1 1 1 4 -- -- .200 216 52.1 53 3 15 0 0 13 1 0 23 18 3.06 1.30
1957 40 20 2 0 1 4 9 -- -- .308 631 155.2 125 10 60 0 1 61 0 0 61 53 3.06 1.19
1958 33 6 0 0 0 3 3 -- -- .500 342 79.2 76 4 39 3 1 28 3 0 39 34 3.83 1.44
通算:7年 160 68 16 2 3 19 36 -- -- .345 2492 575.2 585 44 252 3 8 185 8 0 312 266 4.16 1.45

背番号[編集]

  • 36 (1952年)
  • 22 (1953年 - 1958年)
  • 62 (1966年 - 1967年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g カープ50年 夢を追って、中国新聞社、1999年11月、P45

関連項目[編集]