川平有料道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道206号標識

川平有料道路(かわひらゆうりょうどうろ)は、長崎県長崎市川平町の長崎バイパス川平ICと長崎県西彼杵郡時津町元村郷の国道206号井出園交差点を結ぶ一般有料道路である。長崎県道路公社が管理している。 起点の川平ICは長崎自動車道長崎多良見IC・西山方面のみ(昭和町方面へは行けない)、途中の二つのランプ(女の都ランプ、長与ランプ)は川平方面のみ出入り可能である。このため料金所は川平ICのみにあり、通行料は長崎バイパスの通行料と合わせて徴収される。普通車の通行料金は200円(現金の場合。ETC利用の場合3割引)。この道路を高速バスオランダ号が1日1往復通っており、平日のみ長崎自動車の路線バスも通っている。ETCは2008年(平成20年)10月1日(水)午前0時から運用開始された。

概要[編集]

  • 起点 長崎県長崎市川平町
  • 終点 長崎県西彼杵郡時津町元村郷
  • 全長 4.7km 
  • 車線数 片側1車線
  • 制限速度 全線60km/h

沿革[編集]

  • 1990年(平成2年)7月 供用開始。

インターチェンジなど[編集]

IC番号 施設名 接続路線名 備考 所在地
長崎バイパス西山方面に接続
- 川平料金所 長崎市
11-3 川平IC 長崎バイパス諫早方面
- 女の都トンネル 長さ1477m
11-4 女の都ランプ 長崎県道113号長与昭和町線 川平方面 西彼杵郡長与町
- 泉トンネル 長さ192m
- 長与第二トンネル 長さ255m
11-5 長与ランプ 長崎県道33号長崎多良見線 川平方面
- 長与第一トンネル 長さ58m
- 中沢原トンネル 長さ252m
11-6 時津ランプ 国道206号本道 西彼杵郡時津町
臨港道路畝刈時津線に接続

接続道路[編集]

関連項目[編集]