川崎老人ホーム連続殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川崎老人ホーム連続殺人事件(かわさきろうじんホームれんぞくさつじんじけん)とは、2014年11月から12月にかけて神奈川県川崎市幸区老人ホームで発生した殺人事件

概要[編集]

2014年11月から12月にかけて川崎市の有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」にて相次いで入居者3人が転落死し、初動捜査では変死として処理されたものの殺人事件の可能性が疑われていた。2016年2月16日、神奈川県警はこの件に関わった元職員の男(2016年2月当時23歳)を殺人容疑で逮捕した[1]。元職員は2015年5月に同老人ホームで繰り返し窃盗を行った容疑で逮捕され、懲役2年6カ月執行猶予4年の判決を受けていた[2]

経過[編集]

  • 2014年
    • 5月 - 元職員が事件が起きた老人ホームで働き始める[3]
    • 11月4日 - 要介護3の入居者(87歳・男性)が敷地の裏庭で転落死しているのが見つかった[2][3]
    • 12月9日 - 要介護2の入居者(86歳・女性)が敷地の裏庭で転落死しているのが見つかった[2][3]
    • 12月31日 - 要介護3の入居者(96歳・女性)が敷地の裏庭で転落死しているのが見つかった[2][3]
  • 2015年
    • 5月21日 - 元職員が入所者の財布を盗んだとして窃盗容疑で逮捕された[3]
    • 9月24日 - 元職員が窃盗罪で懲役2年6ヶ月・執行猶予4年の有罪判決を受けた[3]
    • 9月 - 事件が発覚。元職員は毎日新聞などの取材に「家族が亡くなったのがきっかけで、お見送りをやりたいと思い、介護業界を選んだ。やりがいは感謝の言葉をかけてもらえること」などと語り、事件への関与を否定した[4]
    • 12月11日 - 別の元職員3人が入居者に暴行を加えたとして暴行容疑で書類送検され、後に1人が在宅起訴、残る2人が不起訴(理由は不明)となった[3][5]
    • 12月21日 - 川崎市が施設からの介護報酬の請求を3ヶ月間停止させる行政処分を行った[3]
  • 2016年
    • 1月下旬 - ここから数回にわたって神奈川県警が元職員に事情を聴いた[6]
    • 2月15日 - 元職員が殺害を認める供述をし、逮捕された。供述の中には犯人しか知り得ない情報があった[6][3]
    • 2月16日 - 元職員が2014年11月4日に当時87歳の入居者を殺害した疑いで逮捕され、その後送検された[4]
    • 3月4日 - 元職員が2014年12月9日に当時86歳の入居者を殺害した容疑で再逮捕[7]
    • 3月25日 - 元職員が2014年12月31日に当時96歳の入居者を殺害した容疑で再逮捕[8]

動機[編集]

元職員は動機について「様々な感情があった」と述べ[9]、転落死した当時87歳の入居者について「手がかかる人だった」と述べた。また、「介護の仕事にストレスがたまっていた」という趣旨の供述もしたことから、警察は介護のストレスから犯行に及んだとみている。そして、元職員は「申し訳なかった」と反省の言葉を口にした[10]

被疑者について[編集]

逮捕された元職員について、知人は「優しいやつ」と語る一方、「虚勢を張る面もあった」と語った[3]

警察の対応について[編集]

被害者の司法解剖が行われず、初動捜査が遅れた[3]

対策[編集]

川崎市は老人ホームの管理監督を担当する部署の人員を、2016年4月から4人増やすなどして、施設への監査や指導の体制を強化していく考えを示した[11]

出典[編集]

  1. ^ “川崎老人ホーム転落死 元職員を殺人容疑で逮捕”. 産経新聞. (2016年2月16日). http://www.sankei.com/affairs/news/160216/afr1602160005-n1.html 
  2. ^ a b c d “川崎・老人ホーム 87歳転落死、元職員を殺人容疑で逮捕”. 毎日新聞. (2016年2月16日1時15分). オリジナル2016年2月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160215175535/http://mainichi.jp/articles/20160216/k00/00m/040/135000c 
  3. ^ a b c d e f g h i j k “川崎・入所者殺害 「優しいやつ」なぜ… ◯◯容疑者、虚勢張る面も”. 毎日新聞. (2016年2月17日朝刊). http://mainichi.jp/articles/20160217/ddm/041/040/181000c 2016年2月18日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ a b “川崎・老人ホーム3人転落死 ○○容疑者「感謝の言葉がやりがい」 逮捕前、関与否定”. 毎日新聞. (2016年2月16日夕刊). http://mainichi.jp/articles/20160216/dde/041/040/041000c 2016年2月16日閲覧。 [リンク切れ]記事名に本件に関わった元職員の実名が使われているため、この箇所を伏字とした。
  5. ^ “暴行罪で元職員を在宅起訴 川崎・老人ホーム転落死”. 神奈川新聞. (2016年2月13日2時). http://www.kanaloco.jp/article/152214 2016年2月16日閲覧。 
  6. ^ a b “老人ホーム転落死 元職員逮捕の決め手は…”. 日テレNEWS24. (2016年2月16日18時32分). オリジナル2016年2月18日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/WhLI6 2016年2月18日閲覧。 
  7. ^ 川崎老人ホーム転落死、施設元職員を再逮捕 2人目の殺人容疑”. 日本経済新聞 (2016年3月5日). 2016年3月5日閲覧。
  8. ^ 別の女性殺害容疑で元職員を再逮捕 川崎・老人ホーム”. 朝日新聞デジタル (2016年3月25日). 2016年3月27日閲覧。
  9. ^ “逮捕の元職員 動機について「さまざまな感情あった」”. NHK. (2016年2月16日18時9分). オリジナル2016年2月16日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/3Ycm1 2016年2月16日閲覧。 
  10. ^ “殺害された入居者「手がかかる人」、介護のストレスから犯行か”. TBS News i. (2016年2月17日11時13分). オリジナル2016年2月18日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/bqW5k 2016年2月18日閲覧。 
  11. ^ “老人ホーム元職員逮捕 川崎市が監査指導体制強化へ”. NHK. (2016年2月16日15時43分). オリジナル2016年2月16日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/36kCN 2016年2月16日閲覧。 

関連項目[編集]