川崎敏男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川崎 敏男(かわさき としお、1920年10月31日 - 2004年2月23日 )は日本の薬学者九州大学名誉教授。専門は天然物化学。薬学博士(1952年)。兵庫県出身。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

受賞歴・叙勲歴[編集]

  • 宮田専治学術振興会学術奨励賞(第一回、1966年)「ステロイドサポニンに関する研究」
  • 日本薬学会学術賞(1974年度)「配糖体、とくにオリゴグリコシドに関する研究」
  • 勲二等旭日重光章(1995年)

家族・親族

妻は喜久子(上原参良旧内務省官僚、弁護士の三女)。義兄は上原孝雄(東京理科大学建築学科教授)、澤村吉克(日本放送協会技師長、NHK技術研究所所長)。長男は川崎達男(NTTアメリカ代表取締役社長、電気通信普及財団理事長)

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 氏名表記、生年月日、専門分野、出身地、「学歴」「職歴」(「学外における役職」含む)は、「会頭にきく」社団法人日本薬学会編『ファルマシア』Vol.25 6月号、社団法人日本薬学会、1989年6月1日、533頁。による

関連項目[編集]