川崎敏和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

川崎 敏和(かわさき としかず、1955年11月26日 - )は、阿南工業高等専門学校一般教科教授。また、折り紙に対する造詣が深く、川崎定理『1点から放射状に延びた折り線で紙を平坦に折りたたんだとき、折り線のなす角度の交代和が0になる』や折り鶴変形理論で博士号を取得するなど、折り紙博士として知られる。

福岡県久留米市出身。

彼が折り紙で折るバラは「川崎ローズ」として世界的に有名。

著書[編集]