川崎市立宮内中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川崎市立宮内中学校
国公私立 公立学校
設置者 川崎市
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 211-0051
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

川崎市立 宮内中学校(かわさきしりつ みやうちちゅうがっこう)は、神奈川県川崎市中原区宮内にある公立中学校

概要[編集]

春日神社と等々力緑地に挟まれた緑豊かな場所に立地している。校章デザインにある3本の木は春日神社の杜を表すとともに、3つの学年を象徴しており、各学年が手を取り合い、中央にある「学校」を盛りたてる協力の精神を示している[1]

野球部、サッカー部等、部活動が盛んである。野球部は第44回県総体川崎ブロック大会(2010年1月)で優勝した。サッカー部も第54回県総体で優勝している。

学校教育目標として以下の4項目を挙げている。

  1. 礼儀正しく気力のある人になろう
  2. 明るく健康で努力を惜しまない人になろう
  3. 誠意があって責任を果たす人になろう
  4. 勤労を愛し仕事を真剣にする人になろう

沿革[編集]

  • 1957年4月1日 - 開校
  • 1957年10月17日 - 校章制定
  • 1958年3月25日 - 校旗制定
  • 1959年12月17日 - 校歌制定
  • 1963年4月1日 - 生徒基準服制定
  • 1965年5月9日 - 神奈川県愛鳥モデル校指定
  • 1985年9月27日 - 新校舎完成

通学区域[編集]

交通[編集]


備考[編集]

2014年12月の衆議院総選挙から、中原区大戸地区(宮内・上小田中)が神奈川10区から神奈川18区に変更された。これにより学区内で選挙区が異なるようになった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 川崎市立宮内中学校 (2012年6月). “学校紹介”. 2012年6月30日閲覧。

外部リンク[編集]