川埜龍三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川埜 龍三(かわの りゅうぞう、1976年10月25日 - )は、日本の現代美術家神戸市出身。

経歴[編集]

1976年、神戸市生まれ。 1995年、岡山県立総社南高校卒業。2000年、高知大学特設美術学科教員養成課程卒業。

主な個展に「砂の引力」(1998年)、 「十中八九ワニ」(2000年)、 「不滅の標(しるし)」(2001年)、 「コロリン・コロラド」(2004年)、「沈黙にたまる雨」(2005年)、 「グラン・ママの葬列」(2007年)などがある。

2008年にオフィシャルギャラリー「LAGARTO(ラガルト)」が倉敷市阿知3-22-25 倉敷ジーンズ2Fにオープンし た。

作品集[編集]

  • 「RYUZO三ARTBOOK1994~2003」(2005年
  • 「La vida y muerte de la Gran mama」(2007年
  • 「ビエンナーレ大作戦」(2009年

主な作品収蔵先[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 川埜龍三,笠岡市立竹喬美術館編、『異形の胎動 : 川埜龍三展 : works 1994→2009』、笠岡市立竹喬美術館、2010年、143頁。