川口秀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川口 秀子(かわぐち ひでこ)は、日本舞踊 川口流宗家 家元名跡

初代 川口秀子[編集]

初代 川口 秀子(しょだい かわぐち ひでこ、1922年大正11年)5月30日 - 2009年平成21年)1月5日)は、日本舞踊家。川口流を創設した。

大阪に生まれる。母は芸妓。幼い頃から山村流、若柳流の踊りを習う。上京し、7歳頃から六代目尾上菊五郎二代目西川鯉三郎に舞踊を習う。1939年(昭和14年)、19歳で川口流を創流する。1957年(昭和32年)、演出家の武智鉄二と結婚。古典と現代を融合させる舞踊作品を上演する。また映画にも女優として出演。武智が監督をした谷崎潤一郎原作の映画『紅閨夢』では谷崎松子に当たる政子の役を演じた。

老衰により死去。86歳。

映画[編集]

著書[編集]

  • 『舞ごころ』(1965年、白蝶会)

二代目 川口秀子[編集]

二代目 川口 秀子(にだいめ かわぐち ひでこ、生年不詳)は、日本舞踊家。川口流三世家元。初代の孫娘・川口 千枝(かわぐち ちえだ)が2012年(平成24年)に襲名した。

参考文献[編集]