川口晴美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川口 晴美(かわぐち はるみ、1962年1月10日[1] - )は、日本の詩人。「歴程」同人。本姓・榎。

福井県小浜市の海辺の町で育つ。福井県立若狭高等学校早稲田大学第一文学部文芸専攻卒業[2]。大学在学中に鈴木志郎康の講義を受けて詩を書き始め、1985年に第1詩集『水姫』を出版。商社為替ディーリング室にOLとして7年3ヶ月勤めたあと、現在は詩集を上梓したり、現代美術コラボレーション展を開催している。いくつかのアンソロジーに詩が収録され、イタリア語韓国語に翻訳された詩もある。東京造形大学非常勤教員。

2010年、『半島の地図』で第10回山本健吉文学賞受賞。2016年、『Tiger is here.』で第46回高見順賞受賞。アニメ『TIGER & BUNNY』のファンで、『Tiger is here.』の表題作などの題材としている。

詩集[編集]

エッセイ[編集]

共編著[編集]

[編集]