川口屋正蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川口屋 正蔵(かわぐちや しょうぞう、生没年不詳)は江戸時代江戸地本問屋

来歴[編集]

正栄堂、川正と号す。川口氏。文政[1]から嘉永期にかけて営業していた。始め京橋銀座4丁目、後天保期に両国広小路左衛門店、嘉永期に南飯田町善兵衛店、山城町林蔵店で営業している。主に歌川広重歌川国芳錦絵を出版している。嘉永5年(1852年)4月に問屋株を恵比須屋庄七に譲っている。

作品[編集]

  • 歌川広重 『(一幽斎描き)東都名所』 横大判 錦絵揃物 天保2年頃
  • 歌川広重 『四季江戸名所』 中短冊判 錦絵揃物 天保5年頃
  • 歌川広重 『花鳥画』 中短冊判 錦絵 天保
  • 歌川広重 『名所絵』中短冊判 錦絵
  • 歌川広重 『浪花名所図会』 横大判 錦絵10枚揃 天保5年(1834年)ころ 栄川堂版とあり川口屋正蔵版か三田屋喜八郎版か未詳
  • 歌川国芳 『里すゞめねぐらの仮宿』 大判3枚続 弘化2年‐弘化3年
  • 歌川国芳 『宮本武蔵と巨鯨』 大判3枚続 錦絵 嘉永

脚注[編集]

  1. ^ 『浮世絵の基礎知識』は寛政からとする。

参考文献[編集]