川口亘太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川口 亘太(かわぐち こうた、1971年5月28日 - )は、プロ野球審判員

来歴・人物[編集]

我孫子高等学校中央学院大学を経て1994年パシフィック・リーグ審判部に入局。審判員袖番号は39(2010年までは38)

2008年5月24日北海道日本ハムファイターズ中日ドラゴンズ第2回戦(札幌ドーム)にて二塁塁審を務め、通算1000試合出場を達成した。

2017年終了時点での試合出場数は1949試合。オールスターゲーム出場3回(2001年2004年2011年。内2001年の第2戦と2011年の第2戦で球審)、日本シリーズ出場5回(2006年2010年2011年2014年2016年。内2006年の第2戦、2010年の第4戦、2011年の第5戦でそれぞれ球審)。

2013年までプロ野球の審判員で構成される「連帯労組プロ野球審判支部」の支部長も務めていたが、現在はその座を木内九二生に譲っている。

2014年シーズンから球審での構えを「シザーススタンス」から「ボックススタンス」に変更している[要出典]

2018年7月9日、埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズ13回戦(メットライフドーム)で三塁塁審を務め、史上66人目の通算2000試合出場を達成した[1]

審判出場記録[編集]

(記録は2018年シーズン終了時)

脚注[編集]

  1. ^ 川口亘太審判員 通算2000試合出場達成のお知らせ - 日本野球機構オフィシャルサイト、2018年7月9日