川原栄峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川原 栄峰(かわはら えいほう、1921年 - 2007年1月23日)は、日本の哲学研究者、僧侶早稲田大学名誉教授。主としてハイデッガー哲学を研究。

来歴[編集]

徳島県真言宗の寺に生まれる。1943年早稲田大学文学部哲学科西洋哲学専攻卒業。1956-57年、77-78年ハイデルベルク大学に、82-83年マインツ大学に学ぶ。高野山大学講師、助教授、早稲田大学講師、助教授、57年教授。77年「ハイデッガーの思惟」で早大文学博士。92年定年退職、名誉教授。2002年12月2日高野山真言宗権大僧正に任ぜられる。

著書[編集]

  • 『哲学入門以前』(南窓社、1967年)
  • ニヒリズム』(講談社〈講談社現代新書〉、1977年)
  • 『ハイデッガー賛述』(南窓社、1992年)
  • 『ハイデッガーの哲学と日本』(高野山大学、1995年)
  • 『時の峰々』(南窓社、2004年)

翻訳[編集]

参考[編集]

  • [1]
  • 読売新聞訃報