川原栄峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川原 栄峰(かわはら えいほう、1921年 - 2007年1月23日)は、日本の哲学研究者、僧侶早稲田大学名誉教授。主としてハイデッガー哲学を研究。

来歴[編集]

徳島県真言宗の寺に生まれる。1943年早稲田大学文学部哲学科西洋哲学専攻卒業。1956-57年、77-78年ハイデルベルク大学に、82-83年マインツ大学に学ぶ。高野山大学講師、助教授、早稲田大学講師、助教授、57年教授。77年「ハイデッカーの思惟」で早大文学博士。92年定年退職、名誉教授。2002年12月2日高野山真言宗権大僧正に任ぜられる。

著書[編集]

  • 『哲学入門以前』南窓社 1967
  • ニヒリズム』 講談社現代新書 1977
  • 『ハイデッガー賛述』南窓社 1992
  • 『ハイデッガーの哲学と日本』高野山大学 1995
  • 『時の峰々』南窓社 2004 

翻訳[編集]

  • マックス・ブロート,フェリクス・ヴェルチュ『カフカ その信仰と思想』岡田幸一共訳 パンセ書院 1954
  • ルードヴィッヒ・ギース『ニーチェ 実存主義力への意志樫山欽四郎共訳 パンセ書院 1954 のち理想社 
  • カール・レーヴィット『知識・信仰・懐疑』岩波書店 1959
  • 『ハイデッガー選集 第9 形而上学入門』理想社 1960 のち平凡社ライブラリー 
  • エゴン・フィエタ『ハイデッガーの存在論』理想社 1964 実存主義叢書
  • イーヴォ・フレンツェル『ニーチェ』理想社 1967 ロ・ロ・ロ・モノグラフィー叢書
  • 『ニーチェ全集 第14巻 この人を見よ,自伝集』理想社 1967 のち「この人を見よ」講談社文庫
    • ちくま学芸文庫、1994「ニーチェ全集」 
  • ヘーゲル『世界の大思想 エンチュクロペディー』樫山欽四郎、塩屋竹男共訳 河出書房新社 1968
  • リヒャルト・ヴィッサー編『ハイデッガーは語る』理想社 1973
  • ルドルフ・オットー『現代キリスト教思想叢書 思考と存在-マルティン・ハイデガーの道と神学の道』小川圭治共訳 白水社 1975
  • ヘルマン・グロックナー『哲学入門』監訳 中島徹ほか訳 理想社 1978
  • J.デアボラフ『ヨーロッパ倫理学の足跡 早稲田大学創立100周年記念連続講義』編 高橋石明ほか訳 早稲田大学出版部 1984
  • 『ハイデッガー全集 第29/30巻(形而上学の根本諸概念 世界-有限性-孤独』セヴェリン・ミュラー共訳 創文社 1998
  • M.リーデル他『ハイデッガーとニーチェ 何をおいても私を取り違えることだけはしてくれるな!』監訳 南窓社 1998
  • E.ケッテリング『ハイデッガーの思惟』 監訳 理想社 1989

参考[編集]

  • [1]
  • 読売新聞訃報