川原ひろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かわはら ひろし
川原 ひろし(浩史)
生誕 (1964-03-13) 1964年3月13日(53歳)
日本の旗 日本福岡県福岡市博多区
出身校 九州産業大学付属九州高等学校
職業 実業家
歌手
タレント
俳優
経営コンサルタント
セミナー講師
催眠術師
配偶者 川原牧子
子供 二人
親戚 川原俊夫(ふくや創業者)
本郷直樹(歌手)

川原 ひろし(かわはら - 、本名:川原 浩史(読み同じ)、1964年3月13日 - )は、日本実業家。ラーメン店「なんでんかんでん」を経営している株式会社なんでんかんでんフーズ代表取締役社長。歌手タレント俳優催眠術師。7年間太田プロダクションに所属していたが、現在は、個人事務所オフィスありがとうございます2017年からカロスエンターテイメントにも提携している。

来歴[編集]

福岡市博多区生まれ。大叔父は明太子の発明の親「ふくや」の創業者、父は貿易関係の経営者であった[1]。博多式の辛子明太子の開発者・川原俊夫は祖父の弟にあたる[1]。また親戚に歌手でバーニングプロダクション第一号所属本郷直樹がいる[1]。母方が芸術系の家系であったこともあり、4歳から福岡音楽学院付属幼稚園に入園。 入園当初、バイオリンを習っていたが、ピアノ声楽に転向、小学校高学年まで通っていた。またラーメンが好きで小学生ながら一人でラーメン屋まで出かけていた。小学校卒業後大阪府寝屋川市にいた親戚に預けられていたが中学2年からは福岡に戻っている。最初に夢中になったのは西城秀樹[1]。「ちぎれた愛」が大好きで、小学校のとき先生に頼み、授業の1時間を"川原ひろしショー"にしたことがある[1]。中学に入るとアコースティックギターを始めて吉田拓郎井上陽水をコピーした[1]。当時ギターをやれば女性によくもて、自身もよくもてたという[1]高校に進学するとロックに夢中になり、ディープパープルリッチー・ブラックモアが好きで、将来はロックギタリストになりたいと腕を磨いたが[1]卒業寸前になり、やはりクラシック音楽の魅力には勝てないと、ピアノを猛練習、オペラ歌手を目指すようになる[2]

一年間浪人した後[1]、音大を目指したが断念、歌手を目指し上京後、雑誌に掲載されていた作曲家の募集に応募したことがきっかけで東芝レコードから「打碁一代」という曲で作曲家としてデビューした。しかし自分で歌を歌いたいということで、シャンソンタンゴ歌手として日本シャンソン界の殿堂銀巴里のステージにも立つ。たまたま入った居酒屋で知り合った人から、漫才師のWけんじが前座歌手を探していると聞いて紹介を受け、その場で弟子として共に行動するようになる[1]。そのかたわら司会やお笑いにも興味を持ち、漫才コンビを、そして組んだ後、漫談家になったこともある。また、春日八郎和田弘とマヒナスターズ等の司会など、歌以外の仕事も受けていた[3]。店を出すまでの3年間はWけんじと行動をともにした[1]。 上京してうどんのつゆの黒さとラーメンの違い、特に東京に「とんこつラーメン」が無かったことに驚いたこと、川原は、師匠の宮城けんじの応援もあり「博多ラーメン」を修得するためにいったん帰省、主に実家の台所で研究を重ねていた。再上京し1987年7月、東京都世田谷区の幹線道路・環七通り沿いにとんこつラーメン店、『なんでんかんでん』を開業、5年後には日商120万円を超える日も出るほどの繁盛店となった。最初は、芸能界で食べていけないので副業のつもりで始めたこともあって、この繁盛にはとまどったという。

また店舗だけでなく川原自身も、2001年に放送が開始されたテレビのバラエティ番組マネーの虎』(日本テレビ系列)に投資家として出演したことがきっかけでブレイク、独特のキャラクターで多くのテレビ出演をこなすなど、タレント活動も平行して行った[2]。2003年にはミュージシャン氏神一番とともに音楽バンド「ラーメンロック」を結成、2003年6月4日には同名のCDを発売[4]、日本テレビ歌スタ!!のオープニングソングなど、多くのテレビ挿入歌も歌っている。

しかしブームが去ったことや、駐車場問題、飲酒の取り締まり強化、夜間の交通量の激減、不景気の影響などなど色々な要因が重なり、売り上げが落ち込んだことや、店舗の賃貸契約が切れたことなどから2012年11月6日午前4時に世田谷のなんでんかんでん本店を閉店、他の直営店やフランチャイズ店も2015年までに閉店した。[5][6]

エピソード[編集]

なんでんかんでんの公式サイトにある「なんでんかんでん伝説」によると[7]、特に固い麺を表す「粉落とし(こなおとし)」は、川原が命名した呼称である。創業当時の顧客からのリクエストに答えたことから誕生した。また、海苔にプリントする技術“プリント海苔”は、川原と海苔メーカー大政が共同開発、特許取得した商品であり、広告や販促品として広く使われている。なお、大政はなんでんかんでんフーズの関連会社となっている。 現在、大政は葬祭関連をやっており、川原は取締役となっている。なんでんかんでん閉店後に「これだけ豚骨ラーメンを東京に広めたので、布教活動は終えたかなと思います。」という言葉を残している[8]。その後、講演活動や歌手、タレント、 俳優、催眠術師、接客繁盛術セミナー講師等の活動を行っている。特に最近は一日店長として全国の飲食店、物販店等からのオファーも多く、呼び込みから接客までお客様と積極的にふれあっている。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

インターネットテレビ[編集]

海外メディア[編集]

  • 『これが日本だ!!』(SBS
  • 『日本の不思議“プリント海苔”工場潜入』(SBS)
  • 『ドキュメント日本人。ラーメンブームを巻き起こした日本人密着24時間!!』(KBS
  • 『クイズ東京』(KBS)
  • 『日本の文化』(CNN

舞台 演劇[編集]

  • 『桃太郎伝説 ライズアップヒーロー』2013年
  • 『ハムレット』2014年
  • 大瀬夢二プロデュース『男のブルース』他

出版物[編集]

食品等[編集]

栄誉[編集]

  • 2009年 東久邇之宮文化褒賞 受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 東京スポーツ連載『ラーメンブームを作った男「なんでんかんでん」川原ひろし〈3〉』2007年7月5日分。
  2. ^ a b “【飲食の戦士たち〜プロフェッショナルたちの仕事(じんせい)論】in-職hyper特別コラム 第316回 なんでんかんでん 代表取締役社長 川原ひろし氏”. in-職hyper. (2012年9月15日). http://in-shoku.info/foodfighters/vol316.html 2016年1月10日閲覧。 
  3. ^ “7/4発売「博多豚骨ラーメンなんでんかんでん」 レポート3「期間限定ラーメン開発レポート」”. らあめん花月嵐. (2012年7月28日). http://www.kagetsu.co.jp/menu/report/nandenkanden/report_3.html 2016年1月10日閲覧。 
  4. ^ 発売元はウォーブル・レコーズ(有限会社ウォーブル、東京都中央区
  5. ^ “とんこつブーム立役者「なんでんかんでん」本店閉店”. 東京スポーツ. (2012年11月5日). http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/52798/ 2016年1月10日閲覧。 
  6. ^ “あの人はいま【お騒がせ編】船場吉兆ささやき女将、野々村"号泣"県議、なんでんかんでん社長、ボディコン女王…… 新春特別企画 賢者の知”. 現代ビジネス. (2016年1月4日). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47105?page=2 2016年1月10日閲覧。 
  7. ^ なんでんかんでん伝説
  8. ^ “なんでんかんでん閉店理由を川原ひろし社長が語る布教活動は役割を終えたかな。「働く女性の知的向上心に応えるウェブマガジンVita」”. http://vita.yokohama/nandenkanden= 

関連項目[編集]

  • 十文字幻斎 - 川原は、催眠術師の十文字幻斎の一番弟子であるが、十文字という名は川原が名付けた。二人はバナナスクール(東海テレビ)に準レギュラー的に出演している。
  • 境恒春 - ベトナムで元アイドル歌手として、活躍。現在は宮城県議会議員。『マネーの虎』に出演を通して、川原と出会う。一時期、川原と行動を共にしていたことがある。
  • ラーメンロック - 川原がメインボーカルを務める音楽ユニット。カブキロックスのボーカル兼リーダーの氏神一番ガプロデュースのバンド

外部リンク[編集]