川原ひろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かわはら ひろし
川原 浩史
生誕

1964年3月13日(51歳)

となっているが、実際は1961年との噂もある。
日本の旗 日本福岡県福岡市博多区
出身校 九州産業大学付属九州高等学校
職業 実業家(ラーメン屋)
歌手タレント

川原 浩史(かわはら ひろし、1964年3月13日 - )は、全国に豚骨ラーメンを広め、日本にラーメンブームを巻き起こした日本実業家ラーメン屋経営者である。株式会社なんでんかんでんフーズ社長[1]オペラ歌手ポップス歌手シャンソン歌手催眠術師タレントとしてのテレビ出演でも知られ、7年間太田プロダクションに所属していたこともある。

来歴 人物[編集]

貿易商の父義充と母京子の長男として福岡市博多区に生まれる。 父方は実業家の家系で、祖父義夫は、株で一財産を築くなど、福岡では有名な投資家でもあった。また博多華丸富田靖子が主人公を務める九州限定で後にフジテレビでも放送された人気テレビドラマめんたいぴりりのモデルになった明太子の生みの親でふくやの創業者の川原俊夫は川原の大叔父であり、祖父儀夫の弟である。川原の祖父と思われていることが多いが、祖父ではない。 一方、母方の家系は音楽、美術など芸術家庭であったせいか、4歳から多くのクラッシック音楽家を輩出した福岡クラシック界の名門福岡音楽学院に入園させる。当初、バイオリンを専攻したが、手が小さかったことと母と先生との確執があり、ピアノ声楽に転向した。 幼い頃は絶対音感もあったという。 小学校は市立当仁小学校に進んだが、低学年まで放課後は音楽学院にも通っていた。母親が教育熱心ということもあってか、音楽以外も書道ボーイスカウト英語家庭教師と連日習い事で一日が終わったそうだ。毎日の習い事が逆効果となり、勉強が嫌いになったという。それでも母親は私立の通学に入れたく受験させるも失敗。母親は息子に呆れ、「そんなに勉強が嫌なら出てけ!!他人の飯を食って親の有難みを知れ!!」と、中学の一年は、大阪寝屋川の親戚に預けられ、泣く泣く寝屋川第三中学校に入学する。大阪に行っても博多弁を貫いたことから人気者となった。しかし、大阪に預けられるなんて・・・冗談かと思ったという。12歳で親元を離れ淋しい思いをしたが、川原を慰めてくれたのは、当時全盛だったラジオから流れてくる歌謡曲だった。この頃に歌手になると決めていたという。当時、大好きな歌手は西城秀樹野口五郎郷ひろみ布施明本郷直樹である。本郷直樹は、川原の親戚である。中学2年からは博多に戻っている。高校に進学するとロックに夢中になり、将来はロックギタリストになりたいと腕を磨いたが、卒業寸前になり、やはりクラシック音楽の魅力には勝てないと、一浪するも、突如オペラ歌手を目指す。一時期は音大を目指すも実力不足で断念。それでも歌手にはなりたいと親戚の大手プロダクションバーニングプロダクション第一号所属タレントで和製プレスリーとして一世を風靡した歌手の本郷直樹を頼って上京する。ちなみににバーニングプロダクションバーニングという名前は本郷直樹のデビュー曲燃える恋人の燃えるが英語でBurnだったこともあり、所属タレント第一号でもある本郷のデビュー曲を記念して名付けられた。それ以外に、川原の母は大学に落ちたら寿司屋ラーメン屋にさせると口癖だったこともあり、一日も早く福岡を離れたかったそうだ。しかし、母親は日本一やさしく、厳しい親であり、私の人生は母親の影響が強いと言っている。 その後、21歳の時、日本棋院の関係者の依頼で作曲家として東芝レコードから演歌【打碁一代】でデビューしている。22歳の時、丸山明宏三輪明宏金子ゆかりなど輩出した日本シャンソン界の殿堂で川原にとって憧れの“銀巴里“のステージにも立つ。ひょんなことから”昭和40年代前半に人気を博した漫才コンビ「Wけんじと出逢い前座歌手として雇われる。しかし、川原を演歌歌手と思ってたらしく[シャンソンとかクラシックとか歌われても困るんだよね」と言われ解雇されることに・・・しかしながら、しゃべりが達者だった川原に「歌もいいけど、しゃべりを勉強したら仕事いっぱいあげるよ」と言われ、Wけんじ最後の弟子となる。往年の大スター春日八郎をはじめ、マヒナスターズ玉川カルテット松竹演芸場などあらゆるジャンルの場で司会を務めるなどしていた。後にピン芸人として多くの舞台で活躍した。しかし、食べて行けるほどではなく、ホストクラブ夜の帝王で歌手をやらせてもらいながらホストもやっていた。


1987年7月、東京都世田谷区の幹線道路・環七通り沿いにとんこつラーメン店、『なんでんかんでんフーズ』を開業、かつて同店は繁盛店であった。

事業で成功した川原は、2001年に放送が開始されたテレビのバラエティ番組マネーの虎』に投資家として出演した。志願者がビジネスアイディアを競った同番組で川原は、音楽プロデューサーのDJ UTOのレコード会社に出資したほか、オタク実業家のチャンコ増田による「抱き枕」製作・販売のアイディアを高く評価するなどした。川原は同番組に2004年の番組終了時までレギュラー出演し、広く知られるようになった。一方、それとは対照的で南原竜樹と対立することが多く、志願者を激怒・批判するシーンもあった。特に、芸能事務所志願者の回では自身が志願者を「詐欺」呼ばわりしたことにより、収録後に社長同士が揉める事態に発展した。

歌手としては2003年、ミュージシャン氏神一番とともに音楽バンド、『ラーメンロック』を結成、2003年6月4日には同名のCDを発売した[2]。また、2005年に放送が開始されたテレビの歌番組、『歌スタ!!』(日本テレビ)でも、毎週歌を披露していた。

2011年3月11日に仙台港そばのフードイベント出展中、東日本大震災の被災に遭っている[3]

エピソード 逸話[編集]

  • “超”固めんを表す言葉“こな落とし”は、1987年に川原浩史が命名した言葉である。今では多くの博多ラーメン店で使われている。
  • 博多華丸,富田靖子が主役を務めるテレビドラマの“めんたいぴりり”のモデルとなっている明太子を発明,命名したふくやの創業者でもある川原俊夫は川原の祖父と思われているが、実際は祖父の弟である。現会長、社長の川原健川原正孝は川原の父義充いとこであり、俊夫の長男と次男である。戦前は川原の曾祖母が富久屋という店を経営,次男俊夫が引き継いだと時にふくやと改名されている。祖父の川原義夫は株で多大なる財産を築き、博多では有名なドン的な存在であったとも・・・
  • 海苔にプリントする技術“プリント海苔”は、川原と海苔メーカー大政が開発、特許取得した商品であり、数多くの飲食店、販促品としても使われている。ミッキーマウスクマのプーさん(ディズニー)、ハローキティー(サンリオ)等のキャラクター商品としても発売されている。
  • 大手プロダクションバーニングプロダクション第一号所属タレントである本郷直樹は川原社長の親戚であり、バーニングプロダクションの名前の由来は記念すべき第一号所属の本郷直樹のデビュー曲燃える恋人燃える→Burnからである。
  • フジテレビの月9東京湾景で仲間幸恵の恋人役を演じた俳優の和田聡宏は、数年間、なんでんかんでんで働いていた。
  • 2011年3月11日、東日本大震災の当日、川原は仙台放送のイベントグルメコロシアムに出演の為、仙台港にある夢メッセにいた。津波が来るとのことで、近くの建物に避難、津波が真下に迫る中、ぎりぎりで逃れたが、乗って行った車は目の前で流された。四日間、被災地で過ごし、誕生日は被災地で迎えという。
  • 23歳の頃、タクシーに乗って友人の家に行った際、「お客さんがこんな細い道に入り込んだから出れなくなったじゃないか!!」とタクシーの運転手さんが激怒、何度も誘導したそうだが運転があまりにも下手で出れなかったらしい「口で言うのは簡単なんだよ!!お客さんが運転してみな!!」と言われ、川原が運転したら一発で脱出出来たという。まさか、客が運転するなんて思ってもいなかったと・・・
  • 川原の幼少時代の出来事、遠足に行くと言ったら、祖母が今日は寒いからと言って、使い捨てカイロをリュックに入れてくれたそうです。ところが、揉んでも揉んでも、温かくならずで、友達も順番に揉んでくれたそうですが、それでも温かくならなかったそうです。そうしたら、それを見かねた先生が「先生が揉んであげるから・・・」と言って、力いっぱい揉んだらカイロが破れて中がボロボロ出てきたそうです。「川原!!これは麦茶のパックやぞ!!」祖母は、カイロと麦茶のパックを間違ったそうです。使い捨てカイロは、当時初めて発売されたばかりで、見慣れてない分見分けがつかなかったのでしょうか?


 

出演[編集]

テレビ番組[編集]

他多数

映画[編集]

  • 今田探偵事務所(2011年10月蛯原やすゆき監督作品祭りにて公開)

栄誉[編集]

  • 2009年 東久邇之宮文化褒賞 受賞

関連項目[編集]

  • 寺門ジモン - タレントで、川原の物真似も行っていた
  • 福島善成 - ものまねタレントで、川原の物真似も行っていた
  • 十文字幻斎 - 川原は、日本でトップクラスとも言われている催眠術師の十文字幻斎の一番弟子であるが、十文字という名は川原が名付けた。現在、二人はバナナスクール(東海テレビ)に準レギュラー的に出演している。
  • 境恒春 - 元ベトナムでアイドル歌手として、活躍。現在は宮城県議会議員。『マネーの虎』に出演を通して、川原と出会う。

外部リンク[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 発売元はウォーブル・レコーズ(有限会社ウォーブル、東京都中央区
  3. ^ 被災した「なんでんかんでん」川原社長が語る東日本大震災の惨状リアルライブ 2011年3月29日