川内高城温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg川内高城温泉
温泉情報
所在地 鹿児島県薩摩川内市湯田町
交通 鉄道:九州新幹線川内駅下車、バスで約40分
泉質 単純硫黄泉
pH 9.8
テンプレートを表示

川内高城温泉(せんだいたきおんせん)は、鹿児島県薩摩川内市湯田町(旧・薩摩国高城郡高城郷湯田村)にある温泉

近年までは川内温泉、あるいは高城温泉と呼ばれていたが1967年に統一。また湯川内(ゆごうち)温泉と呼ばれていた時期もある。鹿児島県最古の温泉であるとされている[1]

歴史[編集]

歴史は非常に古く、鎌倉時代にまで遡るといわれるが、発見者も外国人宣教師、近郷の住人「大谷某」など諸説紛々としている。明治時代には西郷隆盛が狩りの途中に何度も立ち寄ったといわれ、隆盛ゆかりのエピソードが多い。

泉質[編集]

温泉街[編集]

海岸線沿いの山間にあり、素朴な温泉宿と昔懐かしい土産物屋が軒を並べ、まさに鄙びた温泉といえる。名湯百選にも選ばれたことで有名になり、この昔ながらの温泉情緒に惹かれて訪れるリピーターも多い。宿泊施設の半数は自炊宿で、湯治、保養向けである。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SPOT情報「川内高城温泉」 - 薩摩川内市観光ガイド 2011年8月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]