川俣純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川俣 純子
かわまた じゅんこ
生年月日 (1960-10-20) 1960年10月20日(60歳)
出生地 栃木県那須烏山市
出身校 日本歯科大学歯学部
所属政党 無所属
公式サイト かわまた純子 オフィシャルサイト

当選回数 1回
在任期間 2017年11月6日 - 現職

那須鳥山市旗 那須烏山市議会議員
当選回数 2回
在任期間 2010年5月1日 - 2017年8月31日
テンプレートを表示

川俣 純子(かわまた じゅんこ、1960年10月20日 - )は、日本政治家歯科医師栃木県那須烏山市長(1期)。元那須烏山市議会議員(2期)。

来歴[編集]

栃木県那須烏山市出身[1]。1979年(昭和54年)3月、栃木県立烏山女子高等学校卒業。1985年(昭和60年)3月、日本歯科大学歯学部卒業。同年4月、日本歯科大学病院小児歯科教室に勤務。1988年(昭和63年)から生家の川俣歯科医院に勤務。

2010年(平成22年)4月、那須烏山市議会議員に初当選。2014年(平成26年)、再選[2]

「複数の同級生が近隣の学校の校長に就任し、今なら連携しやすい」と考え、2017年(平成29年)4月、任期満了に伴う那須烏山市長選挙に立候補する意志を固める。同年8月21日、立候補することを正式に表明[3]。8月31日、市議を辞職[4]

第48回衆議院議員総選挙の影響で市長選は1週間前倒しされ、衆院選と同じ10月22日に実施された[5]。川俣は自由民主党・公明党の推薦、市議17人中15人の支持を受けて立候補し初当選を果たした。これにより県内初の女性市長が誕生した(町村長は真瀬宏子が初)[6]。11月6日、市長就任。

脚注[編集]

外部リンク[編集]