川井英良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川井 英良(かわい ひではる、1910年1月27日 - 1997年2月14日)は日本の司法官。

長野県北安曇郡大町(現大町市)出身、 旧制大町中学(長野県大町高等学校)を経て、1936年東京帝国大学法学部卒業。1937年司法省入省、翌年検事任官。最高検察庁検事、法務省刑事局長、最高検察庁公安部長、名古屋高等検察庁検事長などを務めた後、1973年公安調査庁長官となる。1975年退官し、弁護士を開業した。

参考[編集]