川井良介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川井 良介(かわい りょうすけ、1947年[1] - )は、日本メディア研究者、東京経済大学コミュニケーション学部教授。専門は、出版論[2]、雑誌論[3]

経歴[編集]

1972年明治大学商学部を卒業し、1976年に明治大学大学院政治経済学研究科修士課程を修了した(政治学修士)[4]1979年上智大学大学院文学研究科博士課程単位取得(新聞学専攻)[1][4]

大学院を離れて以降は、藤竹暁山本明 編『図説 日本のマスコミュニケーション』の編集作業の裏方を務め、分担執筆も行なったり、清水英夫の推薦を得て『世界大百科事典』(平凡社)や『日本大百科全書』(小学館)に寄稿するなど、専業非常勤講師の立場で教育・研究活動に従事した[5]。川井自身をこの時期を「高学歴フリーターの生活」であったと回顧している[5]

1991年に新設された山梨英和短期大学情報文化学科の助教授となり、1997年に教授に昇任、さらに、2001年に東京経済大学コミュニケーション学部教授となった[4]。東京経済大学では、大学院コミュニケーション学研究科委員長も務めた[1]

日本出版学会第9代会長(2008年-2014年[4][6]

おもな著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 出版メディア入門、日本評論社、2006年(第2版、2012年)

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 著者紹介 川井良介”. 日本評論社. 2019年11月29日閲覧。
  2. ^ 清水直樹 (2009年2月14日). “不況:高まる不安、骨太の経済書が人気 「2カ月で10万部も」”. 毎日新聞・大阪夕刊: p. 1  - 毎索にて閲覧
  3. ^ “雑誌「印刷」部数公表へ 水増し「公称」やめます 400誌参加”. 朝日新聞・朝刊: p. 1. (2004年5月16日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ a b c d J-GLOBAL 研究者の詳細情報 川井良介”. 科学技術振興機構. 2013年4月26日閲覧。
  5. ^ a b 川井良介「私の出版研究:出版研究の過程をふりかえりながら」『出版ニュース』2008年7月中旬号、2008年7月11日、2013年4月26日閲覧。
  6. ^ 芝田正夫. “会長挨拶”. 日本出版学会. 2013年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月7日閲覧。芝田正夫. “会長挨拶”. 日本出版学会. 2015年1月7日閲覧。

外部リンク[編集]