川井清一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川井 清一郎(かわい せいいちろう、1894年3月6日 - 1930年5月17日)は、日本教育者

人物[編集]

長野県東筑摩郡松本町(現・松本市)生まれ。父は旧松本藩士。長野県師範学校を卒業し、小学校勤務を経た後、広島高等師範学校に学び、1920年に松本女子師範附属小学校の訓導となる。1924年川井訓導事件により休職を命じられ、退職願により退職。その後、旧制中学校教師の資格を取るため広島高等師範学校で再度学び、広島県内の女学校の教頭などを務める。1930年結核で死亡[1]

出典[編集]

  1. ^ 小松芳郎 (2010年9月7日). “歴史を彩った郷土の人々 > 12. 川井清一郎”. 市民タイムス. オリジナル2014年6月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140606213958/http://www.map-color.co.jp/times_news/diary.cgi?no=4279&continue=on 2011年5月24日閲覧。