川之江三島バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道11号標識
川之江三島バイパス
国道11号バイパス
路線延長 10.1 km
制定年 1972年(昭和47年)
開通年 1985年(昭和60年)
起点 四国中央市川之江町
終点 四国中央市具定町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0192.svg国道192号
Japanese National Route Sign 0319.svg国道319号
Japanese Route Sign Number 5.svg
愛媛県道5号標識
愛媛県道5号川之江大豊線
Japanese Route Sign Number 9.svg
愛媛県道9号標識
愛媛県道9号大野原川之江線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
愛媛県道333号標識
愛媛県道333号三島川之江港線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

川之江三島バイパス(かわのえみしまバイパス)は、愛媛県四国中央市内を東西に貫く、国道11号のバイパス道路。

北に瀬戸内海、南に四国山地が迫り、南北に平野部が狭い地形のため、今まで国道11号以外に大きな幹線道路がなく慢性的な交通渋滞が発生していた。その解消策としての一環として1972年(昭和47年)に川之江三島バイパス事業に着手し、1985年(昭和60年)より一部区間の供用が始まった。2011年(平成23年)現在、全長10.1kmのうち四国中央市上分町から四国中央市具定町までの6.5kmが供用開始されている。

沿革[編集]

  • 1972年(昭和47年):事業に着手する[1]
  • 1979年(昭和54年):測量に着手する[1]
  • 1982年(昭和57年):工事に着手する[1]
  • 1985年(昭和60年)3月27日:四国中央市上分町(国道192号交点) - 四国中央市下柏町(愛媛県道124号交点)間の1.6km、暫定2車線で開通[2]
  • 2007年(平成19年)3月20日14時:四国中央市中曽根町(国道319号交点) - 四国中央市中之庄町間、550mが開通。
  • 2009年(平成21年)3月20日16時:四国中央市上分町(愛媛県道5号交点 - 国道192号交点間)600mおよび四国中央市中之庄町 - 四国中央市具定町900mが開通。これにより終点部が国道11号と接続した。

構造[編集]

  • 構造規格:第4種第1級[3]
  • 車線数:4車線(一部暫定2車線)[3]
  • 道路幅員:30.0m,25.0m(一部12.0m)[3]
  • 車線幅員:3.5m[3]
  • 設計速度:60km/h[3]
  • 延長:10.1km[3]
  • 制限速度:60km/h(暫定2車線区間は50km/h)

沿線[編集]

脚注[編集]

出典

  1. ^ a b c 松山工事四十年史、社団法人四国建設弘済会、昭和60年10月発行、340頁
  2. ^ 松山工事四十年史、社団法人四国建設弘済会、昭和60年10月発行、341頁
  3. ^ a b c d e f 松山工事四十年史、社団法人四国建設弘済会、昭和60年10月発行、342頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]