川上千尋 (NMB48)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かわかみ ちひろ
川上 千尋
プロフィール
愛称 ちっひー
生年月日 1998年12月17日
現年齢 23歳
出身地 日本の旗 日本 大阪府
血液型 A型
公称サイズ([1]時点)
身長 154.1 cm
活動
デビュー 2012年
所属グループ NMB48
活動期間 2012年 -
備考 NMB48 4期研究生 → チームBII → チームM → チームN
事務所 Showtitle
アイドル: テンプレート - カテゴリ

川上 千尋(かわかみ ちひろ、1998年平成10年〉12月17日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ・NMB48及び派生ユニットだんさぶるのメンバーである。かつて、ベビーモデルをしていた。旧チームNの元キャプテン。愛称は、ちっひー大阪府出身。Showtitle所属。

経歴[編集]

2012年
2014年
  • 2月、チームBIIに昇格[3]
2016年
  • 2月、山本彩薮下柊木下春奈と共に阪神タイガース TORACO応援隊長に就任[4]プロ野球情報番組『虎バン』にもレギュラー出演[5]
  • 10月18日、神戸ワールド記念ホールで開催された『NMB48 6th Anniversary LIVE』で発表された「NMB48大組閣」において、2017年よりチームM所属になる事が発表される。翌19日、同ライブにてNMB48の16thシングルに初めて表題曲選抜入りする事が発表される。
2019年
  • 1月1日、「NMB48大組閣」として、3月1日からチームNキャプテンへの就任が発表される[6]
2020年
  • 2月、ダンスユニットエグスプロージョンのまちゃあきが原案・演出を務める「ANSWER」で舞台初主演[7]の予定だったが新型コロナウイルス感染症の影響で延期[8]
  • 4月、「甲子園グルメ大使」に就任[9]
  • 9月、「難波鉄砲隊其之九」のファン投票では6位にランクインし、カップリング曲選抜メンバーに選出。
2021年
  • 1月1日、新春特別公演で発表されたチーム解体に伴うくじ引き抽選で、Cグループの「W1N-C」に所属。
  • 5月、加藤光大が脚本・演出を務める爆走おとな小学生の舞台「サイキック学園〜青春超能力バトル〜」にヒロイン役で出演。
2022年
  • 1月1日、「NMB48大組閣」でチームMへの所属が発表される。
  • 2月、IKKANが脚本、金谷かほりが演出を務める30-DELUX OSAKA「シェイクス2022」で初のミュージカルに挑戦。
  • 2月16日、新型コロナウイルスへの感染が公表される[10]
  • 3月27日、ロームシアター京都で行われた「NMB48 NAMBATTLE2 〜がむしゃらにならなNMBちゃうやろっ!〜」最終イベント昼公演にて発表された、「NAMBATTLE J」の最終結果で1位に選ばれJoshinのCM出演権を獲得。さらに同夜公演では、NMB48 27thシングルの表題曲選抜メンバーをファン投票で決める「NAMBATTLE 愛」で1位に選ばれ、センターを勝ち取った[11]

人物[編集]

特技は小学校1年生から8年間続けたフィギュアスケート(6級)[12]。 同じリンクで練習していた小芝風花の転身を見て芸能界を目指すようになった。レッスン料が無料のところを探してNMB48のオーディションを受けたという[13]

阪神タイガースファンである[5]。ファンになった理由は家族と観戦した試合でマット・マートンのホームランを目の当たりにしたこと[14]であり、しばしば阪神甲子園球場阪神鳴尾浜球場に通い観戦している。 また、NMB48の27thシングル選抜メンバーによる17LIVE個人リレー配信内で、一番好きな選手の応援歌は桧山進次郎とマット・マートン(ともに元阪神タイガース)の応援歌と答えている[15]

NMB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

NMB48

  • 僕らのユリイカ」に収録
    • さや姉
  • カモネギックス」に収録
    • サングラスと打ち明け話 - 「研究生」名義
    • もう裸足にはなれない - 「難波鉄砲隊其之四」名義
  • 高嶺の林檎」に収録
    • 一週間、全部が月曜日ならいいのに…
    • 山へ行こう - 「難波鉄砲隊其之伍」名義
  • らしくない」に収録
    • スターになんてなりたくない - 「Team BII」名義
  • Don't look back!」に収録
    • ロマンティックスノー - 「Team BII」名義
    • ニーチェ先輩 - 「難波鉄砲隊其之六」名義
  • ドリアン少年」に収録
    • どうでもいい人仮面
    • 心の文字を書け! - 「Team BII」名義
    • サヨナラ、踵を踏む人 - 「難波鉄砲隊其之七」名義
  • Must be now」に収録
    • 空腹で恋愛をするな - 「Team BII」名義
  • 甘噛み姫」に収録
    • フェリー - 「Team BII」名義
  • 僕はいない」に収録
    • 妄想マシーン3号機 - 「Team BII」名義
  • 僕以外の誰か
    • 恋は災難 - 「Team M」名義
  •  「ワロタピーポー」に収録
    •  本当の自分の境界線 - 「Team M」名義
  • 欲望者」に収録
    • 四字熟語ガールズ - 「Team M」名義
  • 僕だって泣いちゃうよ」に収録
    • ロマンティックなサヨナラ - 「アンダーガールズ」名義(内木志とのWセンター)
    • True Purpose - 「Team M」名義
  • 床の間正座娘
    • 焼け木杭 - 「Team N」名義
    • 2番目のドア
  • 母校へ帰れ!
    • がっつきガールズ - 「Team N」名義
    • やさしさの稲妻 - 「だんさぶる!」名義
  • 初恋至上主義
    • ごめん 愛せないんだ - 「Team N」名義
  • だってだってだって
    • 涯 - 「Team N」名義
  • 恋なんかNo thank you!
    • アイラブ豚まん
    • ダンシングハイ - 「Team N」名義
    • 告白の空砲 - 「難波鉄砲隊其之九」名義
  • シダレヤナギ
    • 落とし穴
  • 恋と愛のその間には
    • 夢中人
  • 好きだ虫(センター)
    • なぜ、僕は立ち上がるのか? - 「Team M」名義

アルバム選抜楽曲[編集]

NMB48

劇場公演ユニット曲[編集]

NMB48名義

NMB48 研究生公演「青春ガールズ」

  • 雨の動物園

チームBII 3rd Stage「逆上がり」

  • 愛の色
  • エンドロール

チームM「アイドルの夜明け」公演

  • 天国野郎
  • 残念少女(白間美瑠のアンダー)
  • 口移しのチョコレート(渋谷凪咲のアンダー)

チームN 5th Stage「N Pride」公演

小嶋花梨プロデュース「難波愛 〜今、小嶋が思うこと〜」公演

  • ジッパー

難波鉄砲隊其之九「告白の空砲」公演

  • キャンディー

チームM 4th Stage「恋は突然やってくる」公演

  • She's gone

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

スポーツ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • 劇団エグスプロージョン「ANSWER」(2020年2月27日 - 3月1日、ABCホール / 3月4日 - 8日、新宿シアターサンモール)[7] - ヒカリ 役 ※中止
  • Otona Project 第三十三弾 爆走おとな小学生 第十五回全校集会「勇者セイヤンの物語〜ノストラダム男の大予言〜」(2021年1月29日 - 31日、COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール)[18] - ソウコ 役 ※中止
  • Otona Project 第三十五弾 爆走おとな小学生 第十六回全校集会「サイキック学園 ~青春超能力バトル~」(2021年5月12日 - 16日、こくみん共済coopホール/スペース・ゼロ / 22日・23日、石川県こまつ芸術劇場うらら) - 滋味敦子 役[19][20]
  • 30-DELUX OSAKA「ミュージカル シェイクス2022」(2022年2月4日 - 6日、近鉄アート館) - ヒロイン・江口メイ 役[21]
  • 30-DELUX OSAKA「ミュージカル シェイクス2023 - KANSAI side -」(2023年2月8日 - 12日予定、近鉄アート館)[22][23]

書籍[編集]

雑誌・連載[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ http://www.nmb48.com/member/kawakami_chihiro/
  2. ^ “NMB48、最年少は小6!4期生初お披露目”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2012年12月24日). オリジナルの2012年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121230185146/http://www.sanspo.com/geino/news/20121224/akb12122411200002-n1.html 2017年11月3日閲覧。 
  3. ^ Kawaii NMB zero 川上千尋 HUSTLE PRESS(2016年3月24日)
  4. ^ NMB48 山本彩、薮下柊、木下春奈、川上千尋が “TORACO” 応援隊長に就任! 阪神タイガース公式サイト(2016年2月12日)
  5. ^ a b c NMB薮下柊ら「虎バン」レギュラー決定に感涙 日刊スポーツ(2016年2月16日)
  6. ^ “NMB48大組閣”が元日に発表! キャプテンはチームN・川上千尋、チームM・渋谷凪咲、チームBII・小嶋花梨 M-ON!MUSIC(2019年1月2日)
  7. ^ a b 【まちゃあき&川上】初主演の演技に期待 日テレNEWS24(2020年2月21日)
  8. ^ 舞台「ANSWER」の払い戻しに関するお知らせ
  9. ^ NMB48 川上千尋が「甲子園グルメ大使」に就任!「タイガースファンとして夢のような撮影でした」 WWSchannel(2020年4月5日)
  10. ^ NMB48メンバー 新型コロナウイルス感染に関するご報告” (日本語). NMB48公式サイト(2022年2月16日). 2022年2月22日閲覧。
  11. ^ “NMB川上千尋 生涯アイドルへ思い「ずっと48グループでアイドルでいる子が出てきてもいい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年3月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/03/27/kiji/20220327s00041000771000c.html 2022年3月27日閲覧。 
  12. ^ NMB48・川上千尋「今でもフィギュアスケートの練習は続けてるんです」(後編)│アイドルと、スポーツと、青春と。#19 (1/4) MELOS(2019年3月25日)
  13. ^ NMB48川上千尋、芸人から学んだ“恥じらい捨てる”大切さ 吉本新喜劇との共演で刺激 (1)”. マイナビニュース (2022年5月12日). 2022年5月12日閲覧。
  14. ^ NMB48川上千尋:10年でつかんだ初センター 唯一の同期「渋谷凪咲がいたから頑張れた」”. MANTAN WEB (2022年7月2日). 2022年7月18日閲覧。
  15. ^ “NMB48川上千尋、“幸せを感じる瞬間”は「野球を観てるとき」「応援して…」”. マイナビニュース. (2022年7月5日). https://news.mynavi.jp/article/20220705-2389084/ 2022年10月7日閲覧。 
  16. ^ "横田真悠、連ドラ初主演・INI尾崎匠海らがヒーローに 主題歌はINI<コンビニ★ヒーローズ ~あなたのSOSいただきました!!〜 >". モデルプレス. ネットネイティブ. 18 September 2022. 2022年9月18日閲覧
  17. ^ “NMB48川上千尋『オールナイトニッポンX』パーソナリティに、ゲストは8期生選抜2名”. dwango.jpニュース (DWANGO). https://news.dwango.jp/idol/70833-2205 2022年12月3日閲覧。 
  18. ^ 『勇者セイヤンの物語(予言)』全キャスト発表と劇場変更について‼︎ 爆走おとな小学生 公式ブログ
  19. ^ “学園で繰り広げられる超能力者たちの闘い!爆走おとな小学生「サイキック学園~青春超能力バトル~」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2021年5月12日). https://natalie.mu/stage/news/427738 2022年12月3日閲覧。 
  20. ^ チケット発売情報 /『サイキック学園』︎ 爆走おとな小学生 公式ブログ
  21. ^ 30-DELUX OSAKA | ミュージカル シェイクス2022
  22. ^ “30-DELUX OSAKA、喜劇『シェイクス』を泉綾乃・川上千尋(NMB48)ら出演で上演 KANSAI sideとしてバージョンアップ”. SPICE (イープラス). (2022年11月21日). https://spice.eplus.jp/articles/311148 2022年12月3日閲覧。 
  23. ^ 30-DELUX OSAKA | ミュージカル シェイクス2023

注釈[編集]

  1. ^ NMB48およびTORACO応援隊長として出演。

外部リンク[編集]