川上一道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川上一道
出身地 日本沖縄県
学歴 沖縄県立芸術大学
ジャンル クラシック音楽
職業

クラリネット奏者 

山形大学 客員准教授
担当楽器 クラリネット

川上 一道(かわかみ いちどう、1982年8月10日 - )は、沖縄県生まれのクラリネット奏者。

来歴[編集]

10歳からクラリネットを始める。第45回全日本吹奏楽コンクール全国大会・中学の部「金賞」受賞。

沖縄県立那覇国際高等学校に進学し、第22・25回 沖縄県吹奏楽ソロコンテスト「金賞」受賞。第28・29・30回 沖縄県高等学校音楽コンテスト「金賞」受賞。 1999年には、沖縄県&中国福建省 中高校生 音楽・芸術交流サマーキャンプに参加している。その後、沖縄県立芸術大学音楽学部を卒業。同大学大学院修士課程修了。卒業時「山本賞」を受賞した。

2006年、第75回日本音楽コンクール・クラリネット部門 第2位。

2008年、第7回日本クラリネットコンクール 第2位。

2009年、『JTが育てるアンサンブル』シリーズに出演。第78回 日本音楽コンクール・クラリネット部門 入選、聴衆賞である「岩谷賞」を受賞。第20回日本木管コンクール・ クラリネット部門 最高位(1位なし2位)、併せて、聴衆の心に最も訴えた演奏者に贈られる「コスモス賞」を受賞。さらに同年、日本クラリネット協会からの要請により『国際クラリネットフェスティバルin中国』に出演した。

2012年、第81回日本音楽コンクール・クラリネット部門 第1位。 併せて E.ナカミチ賞 受賞。

2015年、東京オペラシティ文化財団 主催『B→C バッハからコンテンポラリーへ』 シリーズで、東京初リサイタルを行った。

これまで、クラリネットを狩俣裕、与那嶺優子、新垣亜貴子、横井操、村井祐児川畑真一に師事。

洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団首席奏者を経て、現在、山形交響楽団首席奏者。山形大学客員准教授。日本音楽コンクールをはじめ各種音楽コンクールの審査員として、また、ソロ・室内楽公演など各地で行っている。

〈所属事務所 株式会社ウッズミュージック〉

外部リンク[編集]