巌谷小波文芸賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

巖谷小波文芸賞(いわやさざなみぶんげいしょう)は、日本の児童文学の賞。

1978年久留島武彦が創設した日本青少年文化センターが設立[1]。明治期の児童文芸に寄与した巖谷小波を記念し、作品よりも人物に与えられることが多く、児童文学作家のみでなく、雑誌、テレビ番組、挿絵画家、漫画家などにも与えられる。同センターはこれに先立ち久留島武彦文化賞も制定している。

受賞者[編集]

選考委員[編集]

  • 第1回-20回 尾崎秀樹、筒井敬介、藤田圭雄、巌谷大四猪熊葉子
  • 第21回-22回 尾崎、藤田、巖谷、猪熊
  • 第23回 巖谷、猪熊、川口幹夫、谷真介
  • 第24回-25回 巖谷、猪熊、川口、谷、神宮輝夫
  • 第26回-28回 川口、猪熊、谷、神宮、巖谷國士
  • 第29回-35回 猪熊、谷、神宮、巖谷
  • 第36回-37回 谷、神宮、巖谷、百々佑利子
  • 第38回- 神宮、巖谷、百々、野上暁

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 財団の歩み”. 公益財団法人 日本青少年文化センター. 2017年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]