嵯峨御流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

嵯峨御流(さがごりゅう)は嵯峨天皇を開祖とする華道の一派である[1]。「華道嵯峨御流」とも言われる。

発祥[編集]

第52代嵯峨天皇延暦5年9月7日786年10月3日) - 承和9年7月15日842年8月24日))が弘仁の時世に、大覚離宮(大覚寺)に宮殿を構え、横に位置する大沢池に出向かい、大沢池の生け花をしたのが発祥と伝わる。伝承によると、その時に嵯峨天皇は「爾今、花を賞ずる者はこれを範とする」と言われ、華道の普及を進めたという。[2]

嵯峨天皇の離宮(嵯峨院)は、その後亀山上皇後宇多上皇による院政の舞台となり、嵯峨御所と呼ばれるようになる。江戸時代末期には未生流を学んだ未生斎広甫が活躍した[3]。文政12年(1829年)に「嵯峨御所華務職」に就いた未生斎広甫は華道の普及につとめ、「華道家元」を名乗るまでになった[4]。その結果、大覚寺の華道(後の「嵯峨御流」)は全国的に名が知れ渡るようになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 実際には嵯峨天皇が開祖とされているが、古くから華道を行っていた家元大覚寺が開祖である。
  2. ^ 嵯峨天皇は、「花を生けるものは宜しくこれをもって範とせよ」と述べたとも伝わる。
  3. ^ 未生斎広甫は、但馬国で生まれ、未生斎一甫にしたがって摂津国大阪に移った。そこで一甫とともに未生流を基盤を築いた。幼名安太郎
  4. ^ 井上治「嵯峨御流史(4)」『華』(2016年冬号)