崎元讓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

崎元 讓(さきもと じょう、1947年9月11日[1] - )は、日本のクラシック系ハーモニカ奏者。

世界ハーモニカ・コンクール第2位入賞者。CD「ポエム・ハーモニカ」により、2002年文化庁芸術祭レコード部門で優秀賞受賞。日本音楽家ユニオン代表運営委員、日本芸能実演家団体協議会常任理事を歴任。現在CPRA(実演家著作隣接権センター)運営委員長。新垣勉らのCDのレコーディングに参加。テレビ、ラジオ、映画、CM音楽などの分野でも活躍[2]

経歴[編集]

現在CPRA(実演家著作隣接権センター)運営委員長。

ディスコグラフィ[編集]

  • アヴェ・マリア 2000年
  • ヴォカリーズ 2000年
  • ポエム・ハーモニカ 2002年
  • 亡きセルゲイへの追伸 2003年
  • ハーモニカの芸術2008年
  • ロドリーゴ:スペインの小さな田舎町〜ハーモニカ作品集 2008年

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.509
  2. ^ a b 活躍するOB・OG翠嵐会サイト
  3. ^ a b c d e f 演奏家プロフィールカメラータ・トウキョウサイト
  4. ^ 音楽人通信1998年2月号日本音楽ユニオンサイト