島袋俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
島袋 俊夫
しまぶく としお[1]
生年月日 (1952-10-26) 1952年10月26日(66歳)
出生地 沖縄県具志川市天願(現うるま市
出身校 沖縄国際大学短期大学部経済学科
前職 うるま市議会議員
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2009年5月15日 - 現職

Flag of Uruma, Okinawa.svg うるま市議会議員
当選回数 1回(2006年の選挙)
在任期間 2005年4月1日 - 2009年

具志川市議会議員
当選回数 4回
在任期間 1990年 - 2005年4月1日
テンプレートを表示

島袋 俊夫(しまぶく としお[1]1952年10月26日 - )は、日本政治家沖縄県うるま市長(3期)。うるま市議会議員(1期)、具志川市議会議員(4期)などを歴任した。また、県内9市の保守系市長で構成された市長連合「チーム沖縄」のメンバーである。

来歴[編集]

沖縄県具志川市(現・うるま市天願)出身[2]。1976年(昭和51年)3月、沖縄国際大学短期大学部経済学科卒業。

1990年(平成2年)、具志川市議会議員に就任。具志川市議4期目中の2005年(平成17年)4月1日、具志川市は、石川市勝連町与那城町合併してうるま市となったため消滅した。2005年4月からはうるま市議会議員となる。2006年(平成18年)10月8日のうるま市議選で当選。

2009年(平成21年)4月19日に行われたうるま市長選挙に自由民主党の推薦を受けて無所属で出馬。いずれも新人の3候補を退け初当選[2]。5月15日、市長就任。

2013年(平成25年)4月、無投票で2期目の当選。

2017年(平成29年)4月23日、8年ぶりに実施されたうるま市長選挙において、社民、共産、社大、自由、民進の推薦を取り付けた前県議を破り3選[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b よみがなは、うるま市公式サイトの「市長プロフィール」の記述による。
  2. ^ a b “島袋氏が初当選 うるま市長選”. 琉球新報. (2009年4月20日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-143426-storytopic-3.html 2015年7月15日閲覧。 
  3. ^ うるま市長選、現職・島袋氏3選…政府与党支援読売新聞 2017年4月24日

外部リンク[編集]

先代:
知念恒男
Flag of Uruma, Okinawa.svg うるま市長
2009年 -
次代:
(現職)