島田雄三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
島田 雄三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1930-02-19) 1930年2月19日
身長
体重
170 cm
63 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1952年
初出場 1952年
最終出場 1956年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

島田 雄三(しまだ ゆうぞう、1930年2月19日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手内野手)、プロ野球指導者。

来歴・人物[編集]

浪華商業では、1946年遊撃手、四番打者として戦後初の夏の甲子園に出場。エース平古場昭二を擁し、決勝で京都二中に完封勝利、初優勝を飾る。

早稲田大学へ進学。東京六大学野球リーグでは5回の優勝を経験、遊撃手として活躍する。リーグ通算110試合出場、426打数98安打、打率.230、1本塁打、32打点を記録した。大学同期に末吉俊信、宮崎康之(八幡製鐵-早大監督)、1年下には岩本尭荒川博沼澤康一郎がいた。

1952年大映スターズへ入団。開幕から一番打者、二塁手に抜擢され、規定打席(38位、打率.216)にも到達。1953年には全試合出場、自己最高の打率.262(30位)を記録する。1956年までレギュラーを守るが、その後チームは高橋ユニオンズと合併して大映ユニオンズとなる。1957年は出場がなく、宮崎一夫とともに社会人野球羽幌炭鉱へ移籍し、選手兼任監督に就任。1959年都市対抗に出場した。

1965年阪神タイガースの二軍内野守備・走塁コーチに就任。1966年には一軍内野守備・走塁コーチとなるが、シーズン中に二軍に再び配置転換され、同年オフに退団。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1952 大映 110 455 393 41 85 19 3 3 119 25 1 9 10 -- 51 -- 1 27 5 .216 .308 .303 .611
1953 120 530 478 66 125 16 3 6 165 30 4 5 6 -- 45 -- 1 50 5 .262 .326 .345 .672
1954 136 585 506 53 117 17 6 7 167 29 18 11 9 3 66 -- 1 58 11 .231 .321 .330 .651
1955 115 445 391 44 89 14 1 2 111 20 13 7 12 0 41 0 1 33 7 .228 .303 .284 .586
1956 144 453 394 21 75 6 2 1 88 22 5 8 16 4 35 0 4 33 9 .190 .263 .223 .487
通算:5年 625 2468 2162 225 491 72 15 19 650 126 41 40 53 7 238 0 8 201 37 .227 .306 .301 .607
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 8(1952年 - 1956年)
  • 17(1957年)
  • 66(1965年 - 1966年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]