島田絵海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島田 絵海(しまだ えみ、1959年3月2日- )は、日本翻訳家

経歴[編集]

京都女子大学卒業。1987年2月、カート・ヴォネガットジョン・アップダイクらがボストンで開催した慈善朗読会にて、車椅子の作家アンドレ・デビュースと会う。これより翻訳活動を本格的に開始し、アンドレ・デビュースを日本に初めて紹介した。

訳書アンドレ・デビュース『アダルタリー』(1992)はNHK週刊ブックレビューで紹介されるなど話題を呼んだ。訳書エリザベス・バーグ『ケイティの夏』(1994)『永い眠りにつく前に』(1995)はそれぞれ「本の雑誌が選ぶノンジャンルベスト10」に選ばれた。[1]

翻訳[編集]

参照[編集]

  1. ^ 本の雑誌が選ぶノンジャンルベスト10バックナンバー”. 2016年2月29日閲覧。
  2. ^ イン・ザ・ベッドルーム前編”. 2016年2月29日閲覧。
  3. ^ イン・ザ・ベッドルーム後編”. 2016年2月19日閲覧。